ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

うぃーゆーの今後 

 任天堂の経営方針としてWiiUに関する展望がいくつか明かされましたけど、発売日購入したほど期待値の高かったハードではあるものの、自分が当初考えていた以上に厳しい状態にある印象を受けました。

 先に良かった部分としては、DSのバーチャルコンソール化。まあ個人的にはGCの方がやりたいというのが正直な所ではあるんですけど(というよりDS現役な人自体多いでしょうし)、増えるに越したことはないんじゃないかと。もっとも、当初から発表されていたGBAは現状音沙汰なし、Wiiでもあった64に至っては配信していくという情報すら出てこない中にあってのDS発表は、何か順番が違うんじゃないかと思ったりもするところですが。

 高速起動のような機能向上については、任天堂が考えているよりも大きな問題ではない気がするんですよね。持っていない人からすれば叩きやすい要素であり、持っている人からすれば目立った不満がそこに集約してしまうというだけの話で・・・まあ後者に関してはソフト不足の方が遥かに深刻ではありますが。ただ、どうしても据置のデメリットの1つにはなってしまうので、そこを工夫してもっと気軽に、すぐにプレイできる環境構築に繋がることを期待しています。

 スマホへのアプリ提供は自分も含めて予想した通りな印象。CMだとお金の問題がありますし、ネットはニンテンドーダイレクトが定着してるので、やはり今後のユーザの増加が見込めるスマホを活かさない手はないでしょうしね。

 遊べば遊ぶほどソフトが安くなる、というのは、発想としては面白いですね、むしろ世の中の逆を行ってる気さえするところも含めて。シンプルな方法としては、遊んだ本数や時間(これは水増し可能なのでない?)、ゲームの種類によっては各モードやら遊び方の傾向とかも集めた上で、DL版や追加DLCが安くなったり、体験版が限定配信さふれたりもするのでしょうか。
 ただそれだと普通すぎるので、例えばミーバースのりよう頻度(書込みの人気とかも加味)してそれがソフトが安くなることに繋がるとか、以前あった手助けキャンペーンのように、単純な紹介やら何やらだけでなく、Amazonよろしくミーバースの書込み経由でeショップにアクセス、購入した場合にポイントがつくとか、そういうやり方もありそうです。


 もっとも、いずれの発表も、「ソフト供給改善に繋がる」ようなものとはかけ離れていて、そこはどうにもならないのかなぁと。発売日未定の仮発表レベルのソフトすらほとんどない、主力タイトルすら進捗がよく分からないわけですしね。まして、任天堂の主力タイトルの中で、どうぶつの森やポケモンは携帯ソフトが本命ですし、マリオカートはもちろん、スマブラですら携帯機進出、それ以外の主要タイトルは割かし既に出てる(2Dマリオ、3Dマリオ、パーティ、他社も一応ドラクエやモンハンあり)状態で、サードからしてみてもWiiUで出すメリットが見当たらないんですよね。

 任天堂の経営方針自体は任天堂らしいものですし、個人的には割とアリなものが多いんですけど、どれも「ソフトが集まっていればこそ機能する」ものが多い印象で、その課題をどう向き合っていくのかは気になるなぁというのが感想です。

[ 2014/01/31 12:38 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター