ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

大合奏バンドブラザーズPを1ヶ月プレイして思うこと 

 発売から1ヶ月、モンハンも一段落したことでバンブラPをプレイする機会も増えてきたので、改めて現時点での感想とかその辺を色々と。


違いは「ボカロ」にあり
 インターフェースや全体的な雰囲気が大きく変わって当初は面食らった部分もありましたけど、慣れればやはりこちらが標準になるみたいで、そうなると1番の違いは必然的に「ボカロ」になるのかなと。特に、繰り返しプレイしている曲の歌詞を覚えやすい、というのは、元々曲の知識が乏しい自分には割と大きなメリットですね。純粋に音ゲーとして楽しみたい人がいても、デフォルトではボカロが適用されていないので(曲ごとにレコーディングが必要)、普通にこれまでのバンブラと同じ楽しみ方が出来ますし。

 そして当然ですけど、歌詞が印象的な曲により惹かれるようになる、というのも大きな変化じゃないかと思っています。最近ダウンロードした曲だと、日立の樹というCMでお馴染みの曲あたりもそうで、しかもたまにボカロと曲調が相性が良かったりすると、妙にツボにはまります。

 もっとも、ボカロの声質、歌声がどうしても受け付けない、という人からすれば、まず購買意欲を失ってしまいそうなくらいにボカロ要素がプッシュされている面もありますけどね・・・。個人的には、むしろこのゲームのおかげでボカロへの抵抗が無くなったくらいですが、それはどうしても個人差があるのは仕方ない所。


思わずダウンロードしたくなる仕組み作り
 プレイ当初の感想としても、そこら中でダウンロードを促す要素が取り入れられている点に注目していましたが、プレイすればするほど、その違いを実感しています。バックで流れるラジオでミスチルの曲が連続再生されて、「自分の趣味がバレてる!?」と思ったり、先ほど触れたボカロ要素も、ダウンロードショップでは全てボカロつきでの視聴が可能というだけでも、イメージを膨らませやすいですし。興味を持ったらとりあえず買い物かごに放り込んでおいて、後でまとめて会計。完全にネットショップのそれに近い流れを実現していて、メーカーもお金を取る仕組みをあれこれ考えているんだなぁと。

 あえて不満、とまでいかないものの気になる所としては、ダウンロードショップで「DX移植ではない、バンブラP用の新規作成曲のみ」表示、検索できるような機能は欲しかったかもです。ゲームの特性上新規ファンは少ないですし、当然DX時代に好きな曲をダウンロードしてたわけですから、新規に絞れるとよりほしい曲を探しやすいと思うんですよね。一応最新追加曲を選ぶのも1つの手ですが、狙って検索もできないですし、あくまで最新100曲までしか表示できないですからね。


地味に大きいビギナーモードの変化
 プレイ難易度は前作同様4段階なのですが、低難易度にあたるビギナーがタッチパネルを用いた形式になっており、それが意外と楽しいんですよね。画面下のバーをスライドさせ、ビーマニのように上から流れてくるラインにあわせることで演奏できるというもので、いつもは連打連打で疲れるドラム類が押しっぱなしで簡単にコンボが続いたり、音程変化が激しい曲だとバーも左右に大きく動かす必要があるため、曲や楽器によってはビギナーの割に難易度が高かったり。地味な変化とは言えるんですけど、他の変化が賛否両論多そうな中にあって、前作からの変化で最もプラスに作用してそうなのはここじゃないかとさえ思っています。


 どうも思ったより売上、評判共にあまりよろしくないみたいですが、個人的には法律の都合上ダウンロード可能の期限が最大5ヶ月と短いことを除けば、概ね順当な進化をしていて、純粋に面白いと思える作品になってて良かったなぁと改めて思う次第です。

[ 2013/12/18 12:26 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター