ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

王だぁランド!のボクせかモードをプレイしてみて 

 2キャラ分プレイしての現時点での感想です。

 王だぁランド!は12月11日に配信開始になった3DS用ダウンロードソフトで、簡単にいえば、RPG世界の王様になって好き放題する王だぁモード、一定期間内に勇者となるために強くするボクせかモード(ボクも世界を救いたいというダウンロードソフトの追加移植版みたいなの)、そしてボクせかモードで育成した勇者を使って王だぁモードのRPG世界を冒険する勇者モードの3部作から成り立っています。

 その内のボクせかモードですが、やはりプレイ前の予想通り、「パワプロのサクセス、のRPG版」というのが1番しっくりきます。パワポケにはRPG風のモードもあったのですが、本当にそのノリに近いですね。コマンド選択式の定番のRPG要素はボス戦のみで、後はランダムイベントだったり、町中で修行したりといった内容。一応魔王討伐が目標ですけど、名声というポイントを上げる、簡単にいえば人々の役に立つ行動を続けてさえおけば勇者にはなれるので、クリア難度は低いです。ストーリーを楽しむでも、ストイックに強さを求めるでも、自由度は高いと感じました。

 その自由度の高さが何よりのポイントで、名前や見た目の変更だけでなく、登録時に装備も適用されますし、レベルアップ時のステータス割り振りも自分で選択する形になるので、ネタキャラでも何でも作りやすいバランスですね。ゲームの都合上、剣士系も魔法系も火力&防御ゴリ押しにしないと戦闘で苦労するので、その意味で言えばステータスの自由度はなさそうですけど、強くすることが目的でなければ、例えば町中の修行だけでレベルはそれなりに上がりますし、それで防御だけとか、運だけ良いキャラなんかも十分可能です(名声を最低限上げる必要はありますが)。まだ試してはいないですけど、作ったキャラで冒険をしたり、場合によっては建国したりもできるので、とりあえずたくさん作るだけでも十分意味がある仕様です。

 それと、ミーバース好きとしては、このゲームはミーバースと確実に相性が良いと考えているのもプラスポイントですね。作成した勇者はQRコードで配布可能で、ミーバースはスクリーンショットも投稿可能。となれば、それだけでも作る作業、他の人が作った勇者を見る、というのが楽しくなります。当然ステータス等も簡単に公開できるので、実用性がなくとも話題用としてネタキャラを作るのもありじゃないかと。というか自分はそういう遊び方をしそうですが。


 褒めまくりですけど、難点としては、ノリが全体的に軽めでテンポが良いのを除けば、あくまでお手軽RPGの粋を出ないくらいオーソドックスなところでしょうか。言いようによっては、街の施設はありふれたものばかり、敵の種類も少なく技もよくあるタイプ、装備もお約束じみた名前の数々、ステータスもいつものパラメータばかり。もっとも、スタンダードであればこそ、ひたすら育成するのに向いているというのが正直な所で、今回の移植に伴いボリュームがかなりアップしているらしいという情報も含めて、ここで挙げたほどマイナス要素になることはなさそうですが。


 まだ2キャラだけですが、ミーバースとの相性の良さも含めて、今後は作ってはQRコードをミーバースで公開、を繰り返す内に大量生産モードに入りそうな予感がします。自由度の高い育成が好きだという人、特にパワプロやパワポケのサクセスが好きという人にはおすすめのモードです。

[ 2013/12/13 17:27 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター