ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

把瑠都の引退について 

 小さい頃からの相撲好きとして、把瑠都引退というニュースは正直驚きよりも前に、デマの類だと思ってしまったくらいには、現実味のないお話でした。
 ただ、怪我に泣いた大型力士が過去にも多いという一面もあります。圧倒的な強さだった曙、小錦といった大型力士も、脚の怪我をきっかけとして一気に力が衰えたという印象がありました。

 把瑠都の取り口といえば、巨体と怪力を活かした豪快なものというのが第一印象でしたけど、最後の最後までその荒削りな相撲を貫き通していたなぁというのが個人的な感想です。不利な体勢からの力任せの投げ、肩越しからの両上手・・・明確な成長こそ見られなかったかもしれませんけど、把瑠都だからこそ可能な取り口を続けていたこともあり、自然と把瑠都の相撲に惹かれていた気がします。

 中でも印象的だったのが、横綱白鵬との取り組み全般です。通算勝率でいえば白鵬の圧勝でしたけど、内容自体は熱戦に続く熱戦で、互いにがっぷり組んでの引きつけ合いは、全盛期の朝青竜と白鵬の対戦、或いは貴乃花と武蔵丸の対戦などを思い出さずにはいられませんでした。実際、テレビ観戦していながら拳に自然と力が入ってしまうこともあり、あの力比べがもう見れないというのは本当に残念でなりません。


 素晴らしい取り組みの数々を見せてもらい、本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

[ 2013/09/11 09:27 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター