ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく!416話感想 

 やはり世の中打算で動くものですよという416話の感想です。


打算的アイドル
 いやいやそもそもアイドルなんて究極の打算的職業じゃないのかと思ったりはしたのですが、一旦それは置いておきます。
 ルカにとってみれば、惚れさせさえすれば勝ち、という考え方が前提にあるんでしょうかね。ハヤテからすれば、別に女性に対する関心の薄さよりも境遇が大きな問題、というより女性への関心は歳相応にはある気さえするんですよね。そして、おそらく1番大きいのは、ハヤテが言うところの「アイドルとしてのルカが輝いている」という面に、異性への興味関心という側面が限りなく皆無に近いことではないかと。積極的なルカを意識してはいますけど、それは一人の女の子としてそうなのであって、アイドルとしてのルカは、輝きはするけど、ルカのイメージする「自分に惚れるハヤテ像」からはむしろ離れてしまうような気がします。もっとも、ナギの保護者という立場でのマリアさんやら、生徒会長としての凛々しいヒナギクなんかも、同じパターンなのかもですが。


積み上げてきたもの
 1日の練習でステージがこなせるのか、というハヤテの疑問。ハヤテも即興で何でもやれてしまう印象が強いですが、それだけアイドルとしてのルカが別次元にあるという認識なのかもしれません。ルカのパフォーマンスは神、ハヤテの仕事はプロ、くらいの差。


できること、できないこと
 他の人には出来ない特別なことなんだから続けるべき、という考え方なのか、或いは単純にその人が1番輝いていると思うことを続けて欲しい、という考え方なのか。
 それがどちらかは分かりませんけど、少なくともハヤテの考え方として、相手がどうしたいかとかより、どうあって欲しいという自分の考えをまず口にする傾向はあるかもなぁと思ったり。ハヤテの中では、この人はこうでなくてはならない、この人ならこれができて当然、みたいな思考回路が結構中心にあって、良く言えば相手を信じ、悪く言えば信じすぎているようにも思えます。まあ、ハヤテはやれば出来る子という立場でもあるので、どうしても周りにもそういう見方をしてしまう一面のあるのかもですが。

 
[ 2013/07/31 23:20 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター