ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エキサイトトラックのプレイ感想 

 今更ながら、Wiiで発売されたエキサイトトラックをプレイしてみたので、その感想です。

 まず率直に、いい意味でお馬鹿なゲーム。任天堂発売とは思えない・・・いや、むしろ弾けた時の任天堂らしさがよく出ていたというのが、純粋な感想です。

 ジャンル的にはレースゲームで、Wii発売ということでWiiリモコンの機能を利用した、マリオカートWiiみたいな操作性ではあるのですが、レースと言いつつその実態はレース要素もあるアクションゲーム、というべきなのかなと。

 本作のキモは、レースで1位を取るのではなく、1レースの中でいかにして高得点を上げるか、という点に尽きます。1位でゴールすればもちろん高得点ですが、それだけでは点数不足で、例えばレース中に一回転したり、敵車両に体当たりをかましたり、あえて木のスレスレの所を走り抜ける等することでも得点につながります。マリオカートWiiでいうならジャンプアクションとようなものも得点対象に含めるもので、ただ単純なレースゲームに留まらない面白さが本作にはあります。

 とにかく、無駄にダイナミックかつフリーダム。多少のオーバーラン、オーバーヒート等も気にせず、豪快に走り回るこの感覚は、Wiiハンドルの機能とよくマッチしているなぁと、。

 難点としては、2人対戦までしかできない(4人対戦には非対応)のと、色々と疲れて長時間プレイできないこと、あたりでしょうか。長く付き合えるタイプのソフトではないものの、瞬間的な爆発力、ネタ性という点では申し分ない出来で、こんなゲームがWii発売して間もない頃には登場していたのかと思うと、任天堂の恐ろしさを実感せずにはいられません。こういうお馬鹿な方向に全力がゲームが今後もポンポン出てくるようなことはないとは思いますが、次回作とまではいわないものの、エキサイトトラックの魂を受け継いだ作品がまた現れるのも期待したくなる・・・それだけインパクトの有る内容でした。

[ 2013/07/18 19:33 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。