ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

Gジェネの変化の可能性について 

 スーファミターボのガンダムジェネレーション時代から長らくGジェネシリーズを楽しんではきましたが、流石にそろそろ大きな変化がありそうな予感もしていて、では具体的にはどんな変化が考えられるのかを羅列してみます。


ユーザごとにオリジナルユニットが作成できる
 オリジナルパイロットが作れるなら、オリジナルユニットが作れたとしても不思議ではない、という単純すぎる考え方。最近だとガンダムブレイカーが、少し前だとガンダムトゥルーオデッセイ~失われしGの伝説~というRPGでもパーツ組み換えでユニットが作れましたから、それほど非現時的ではないのかなぁと。見た目の自由度はともかく、武器の種類や武器名あたりはいじりやすそうな気もしますが、さて・・・。

ユニットの成長限界、成長のさせ方に変化を持たせる
 ユニット単独でいうなら一頃のスパロボのイメージで、一見すると弱いけど鍛えれば化けるとか、キャラ毎に成長限界や長所等を大きく弄るパターン。或いは、ユニット内でもものによって育成のさせ方や価格差に変化を持たせるとか・・・例えばニュータイプ専用機はニュータイプパイロットが乗ったほうが経験値が増えるとか、サイコミュ兵器使って倒すと経験値ボーナスとか。単純なスキルとかだけだと、強いキャラ、便利なスキル持ってるキャラを適当なユニット乗せるだけの作業ゲー一直線なので、そういう変化もありえそうです。もっとも、個性を持たせすぎると手間の問題でユニット数減少に直結しそうですが、そもそもGジェネFがシリーズ最高峰の充実度という時点で今更ユニット数に拘る必要もないのかなぁと思う自分もいます。

オリジナルストーリーの重視、もしくは徹底軽視
 GジェネDSのようなヒット例あはるものの、基本的にGジェネのオリジナストーリー(キャラ含む)は実にお寒いもので、少なくとも自分が楽しめた経験は1度としてないほどです。こういう中途半端なままにするのではなく、GジェネDSのようにストーリーに重きを置くか、GジェネFやポータブルのようなボリューム重視にするか、ある程度舵取りを考えてもいい時期とは思ってます。もちろん、Gジェネウォーズのように全体として上手いバランスに落とし込めるならそれはそれでアリとは思いますが・・・。

DLCで隠しキャラ、隠しマップ等が解禁
 PSPのダウンロード専用のスパロボOEじゃないですけど、例えば基本はファーストと何かとか、各作品の有名ドコロ中心にしつつ、シリーズやキャラ単位で切り売りするパターン。ガンダムのアクション系ゲームでは割と普通のスタイルになってますが、Gジェネファン自体「ボリューム重視派が多い割には結局鍛えるユニットは一握り」ということも多いですから、可能性としてはありえそうです。まあ、数千円のタイトルを数十万安定して買ってくれるようなソフトをそういう売り方にするのがどの程度メリットがあるのかは分かりませんが。

ガチャポン戦士2路線の復活
 元々、基本はSLGだけど戦闘のみアクション、というのがガチャポン戦士スタイルであったのが、3以降は戦闘もシミュレーションになり、スパロボというヒットシリーズの流れ等も受けてのGジェネという印象がありますが、今一度アクション性に目を向ける展開も・・・現実的にはなさそうですが、希望的観測という意味でこの可能性も提唱したい所。


 現状にもそれなりに満足している一方で、売上が緩やかに落ちている気もしていて、今後のシリーズ存続のためにも何か変化に期待もしている今日この頃。

[ 2013/07/04 12:26 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター