ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

新世界樹の迷宮のストーリーモードのプレイ感想 

 ストーリーモードをクリアしたので、全体としての感想を書きます。

 第一印象としては、ロストヒーローズの追加要素入りバージョン。それに尽きます。

 ロストヒーローズは過去に世界樹を開発したメーカーが作った、ガンダムやウルトラマン、仮面ライダーといったコンパチヒーローが登場するダンジョンRPGなのですが、新世界樹はキャラメイクを無くして(クラシックにはありますが)ストーリーを重視した構成ということで、ものの見事に方向性が同じなんですよね。自分の場合は今作が世界樹シリーズのデビューだったこともあり、終始「ロストヒーローズは新世界樹への伏線だったのかなぁ」と思いながらプレイしていました。

 そんな新世界樹の迷宮でポイントとなるストーリーですが、主要5キャラは個性もしっかりしてて好印象・・・いやまあ主人公の影が薄すぎましたけど。まともに喋らない主人公をストーリーにうまく絡めるのがいかに難しいのかを再確認。ただそれを差し引いても、ヒロインのフレドリカ(リッキィ)を中心に良い味を出してたと思います。
 一方で、実に勿体無いと思ったのが、物語終盤の若干駆け足すぎる展開。クエスト内でのやりとり等である程度補完はされるものの、キャラの掘り下げも中途半端なままに一気に物語が加速しすぎていた気がします。前述したように各キャラの個性がしっかりしていただけでに、この辺の描き方をもう少し丁寧にしていただけでも、物語の評価は大きく違っていたんじゃないかと。

 システム面は基本的に世界樹シリーズ定番で、大きな変化はなし・・・らしいので特に語るほどのことはないかも。よく言えば安定、悪く言えばストーリー重視してあまり変化、進化といったユーザメリットは見当たらない印象。ただ、クラシックモードを意識してか、初期状態ではそもそも装備できない武器もあったりするなど、クラシックモードとストーリーモードがしっかり住み分けできてないところは今後の課題かなぁと。

 そして本作の新システムの1つ「グリモア」。ランダムでスキルが身に付き、時には敵専用の便利スキルが手に入ることもあるのですが、基本的に運要素が強く、思うように集まらないストレスが良いスキルが手に入った時の喜びを上回っているような気がして、バランスが少し残念。まあ、基本ひたすらレベルを上げればスキル振分に困ることもそんなにないので、無理にグリモアにこだわるほどのバランスでもないかもですが。


 こうして書き連ねると、産みの苦しみといいますか、方向性としては興味深いけどまだ全体的に粗さが目立っていた、というのが正直な感想です。私としては、ストーリー、特にキャラの掘り下げやキャラ毎の繋がりをもう少し深くして、グリモア等の新要素をバランス考慮して練り直すだけでもかなり化けるんじゃないかと期待してます。もちろん、本作単独でも十分楽しかったですが、新世界樹シリーズの今後の進化にも期待が持てる、という意味でも満足の行く内容でした。

[ 2013/07/02 12:29 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター