ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく!Cuties 10話の感想・・・は書けなかった 

 おおよそ原作通りなので特に感想はなし!・・・の予定ですが、一応気になったことを軽く。


最初のやり取り
 考えてみれば、現在のマリアさんと牧村さんが会話するのって物凄く貴重、というか原作ではそもそもまともな会話シーンがなかったような。白皇時代と力関係が変わらないといいますか、あのマリアさんも牧村さんの前では明らかに平常時と異なる反応を示していて、やっぱりマリアさんを活かす上でも牧村さんの出番はもっと増えて然るべきだと再確認。・・・まあ、現実は非情ですけど。


マリアちゃん(10歳)
 原作よりも若干大人びた雰囲気があるマリアちゃん、というより単純に17際バージョンとうまく描き分け出来ていない説もあるとかないとか。個人的には原作版マリアちゃんのデザインがストライクゾーンど真ん中みたいな感じだったので、アニメのインパクトは弱めですが、それでも素晴らしい破壊力があるのは流石の一言です。


 ・・・原作通りだと、「相変わらず面白いですね」「マリアさん可愛いですね」みたいな感想以外が中々出てこない、というのは正直な所で、単純に書きやすさという意味では1期後半のオリジナル展開ラッシュの方が、というのもまた事実。まあ現状はツイッターもありますし、自分の場合だとその時の気持ちを落書きに込めることも珍しくなく、感想を継続するという意味ではむしろ原作知らないほうがいいのではないかと思うほどです。

 しかしこうして久々にアニメハヤテをじっくり観ていると、アニメ版マリアさんは声的にも見た目的にも原作以上に大人びた雰囲気を重視してるのかなぁと思い始めてきました。発言内容は同じはずなのに、原作のマリアさんは割とネタ抜きに「大人びた17歳」くらいの印象で、アニメのマリアさんは俗にいう「じゅうななさい」の方向性を目指しているようなイメージ。その辺は、10話冒頭でいきなり「ピチピチの17歳」と唐突に言わせる展開からしても明らかでしょう。

 つまり結論としては、同じ展開でも印象が大きく異なる分、マリアさんファンとしてはアニメを原作とは少し別物な感じで楽しめる分お得ですなぁというお話でした。

[ 2013/06/30 22:22 ] マリアさん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター