ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

SDガンダムGNEXT ユニット運用メモ 試作機編 

 生産に2ターン以上かかるユニット限定でのお話

ハンブラビ
 大勢の相手にはクモの糸、少数(特に1対1)の場合は海ヘビ+ビームサーベルのコンビネーションで、大半の敵と渡り合えるのが魅力。飛行可能ユニットなので、地上戦の移動も問題ないのもポイント。難点としては、テックレベルが高いこと、またその時点としては火力、防御力等物足りないので、戦い方や相手しだいでは立ち回りが難しい場合があることでしょうか。

バウンドドック
 テック14で製作できるバウンドドックですが、この時点としてはトップクラスの攻撃力、防御力持ちなのが実に心強いです。飛行可能で、相手に併せて変形+拡散ビームでのヒット&アウェイ作戦も結構有効。ビーム主体のユニットになるので、水中(厳密には浅瀬)や対MA用としてはあまり使い勝手がよろしくないのが数少ない難点。もっとも、水中は弱くて仕方ないですし、テック14時点で作れるMAは弱いビグザムくらいなので、あまり気にならないレベルでしょうけど。

トールギス
 テックレベル-5、つまりはテック0から生産可能で、いきなり最強クラスの性能を誇る明らかなチートユニット。コスト3万超な上にサテラビュー対応の拡張パックのサテラビュー軍を使わないと使用できないのが難点といえば難点。しかし、ドーバーガンが通常兵装扱いのため、浅瀬やMA含めて苦手な敵が存在しないのが何よりの強みであり、飛行可能で移動力8と機動性も最高クラス。ご利用は計画的に。


 個人的な3強はこの辺り。単純な強さ、というより総合的な使い勝手という意味で、ですが。あとは適当に気になるユニットについて


アビゴル
 前作のナギナタ勢の火力不足の反動か、今作はその改善が見られており、リーチも長いアビゴルは使い方次第では大活躍できるんじゃないかと。ただ、テック20前後としては防御力は気持ち高い程度なので、割と短期決戦になりやすいのが難といえば難。

ベルガギロス
 ヘビーマシンガンが何となく好き、というだけの理由で推したいユニット。威力もそこそこなので、中盤くらいまではやり方次第で活躍できるかなと。

ドーベンウルフ
 若干防御不足ではあるものの、2ターン生産可能ユニットとしては破格の攻撃力(特にビームサーベル)、さらにマップ兵器持ちと運用の仕方次第で結構化ける印象。

[ 2013/06/25 08:44 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター