ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

かつての2Dアクションゲーム 

 思えば、ファミコン~スーファミは本当に2Dアクションゲームが充実していましたねというお話。

 マリオは語るまでもないのですが、自分的にはがんばれゴエモンのインパクトが大きかったです。ゴエモンインパクトなだけに、というお寒いギャグはともかく、ああいうコメディテイストの2Dアクションが本当に多くて、またゲーム内にミニゲームのような楽しみ方が多く存在していたのもまた魅力でした。ゆき姫救出絵巻でのグラディウスなどもそうですし、同じコナミ系列として、パワポケあたりにその意志が受け継がれているのではないかとも思ったり。

 キャラゲー視点でいうと、ガンダムやウルトラマンや仮面ライダーあたりが活躍するグレイトバトル、或いはスポーツ系ではありますがバトルサッカーやバトルドッジボールあたりも沢山プレイしました。オーソドックスなゲームながら、あのヒーローたちを自分たちの手で操作できる、というのが興奮もの。
 90年前後はSDガンダムブームのさなかにあったこともあり、SDガンダムのアクションゲームもかなり充実してましたね。ガチャポン戦士初期もそうですし、ガンダムやZガンダムあたりに特化した2Dアクション(微妙にシューティングっぽいですが)も結構ありました。

 何となく印象に残っている作品としては、ワギャンランドあたり。クレヨンしんちゃんのアクションゲームにしてもそうでしたが、ボス戦自体がミニゲームの様相を呈していたのは斬新でしたし、ノリがノリだけで深刻さもなくまったりプレイできたんですよね。ゲームは進化こそすれど、ゲーム内におけるミニゲーム的な遊び要素はここら辺である程度確立された印象です。

 ボンバーマンあたりもこの時期の盛り上がりが凄かったですね。専用の機器を購入しての5人プレイも体験しましたけど、とにかく熱かったです。今でこそ多人数プレイへの衝撃度は低いですけど、皆で狭い人部屋に集まって爆弾で特攻を仕掛けるさまは、その都度大きな笑いに包まれていて、純粋な気持ちでゲームを楽しめていたような気がします。


 時代はオンラインだ3Dだ美麗なグラフィックだと言われて、自分もその波に乗ったり乗らなかったりな日々を送っていますが、たまに思い出したように昔の2Dアクションゲームを遊んでみると、当時の記憶が鮮明に蘇ってくるなぁと思って少し書いてみました。


[ 2013/04/23 08:40 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ステータス?
カウンター