ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WiiUバーチャルコンソール版MOTHER2の軽い感想 

 まだクリアはしてないのですが、現時点で思ったことを書いてみます。

 元々持ち合わせていた知識が「MOTHERシリーズの登場キャラである『ネス』がスマブラに参戦している」というだけで臨んだシリーズ初プレイなのですが、個人的にはおおよそ予想していた通りの「王道RPG」というのが第一印象です。

 よく分からない流れで運命づけられていた主人公が、仲間とともに悪を倒すための旅に出る!街で情報収集をして、魔法っぽいものを使ったりしながらコマンド選択式戦闘をくぐり抜け、戦闘で得た経験値や溜まったお金で武具やアイテムを揃えて強敵に挑む!!・・・うん、どう見てもよくあるRPGそのものです。

 では何が違うかなーと考えたのですが、何はなくともその独特な雰囲気。いい例えが見つからないですが、少なくとも前半に限っていえば「妙な生活感にあふれている」のが印象的で、パパと電話してお金を振り込んでもらったりセーブしたり、話が進むと妹がバイトを始めたり、出かける前にはしっかり着替えたり、RPGとしてやること自体は何ら変わりないのに、主人公を取り巻く環境は常に変化をする。実際、ごく普通(?)の人間の生活ってこういう安穏とした雰囲気があるよなーとゲームでありながら微妙なリアル感を残しているように思いました。

 それと、しっかり「少年が主人公」を一貫して意識した話の構成が良いですね。両親の保護者感はもちろん、警察や町中の人の反応など、少年らしさを残した話の展開のさせ方・・・しかし上記したように、あくまでよくあるRPG展開が変わるわけではない、というこのバランス感覚はシリーズの大きな特徴なのでしょうか(他シリーズ未プレイなので)。

 ちなみに、ゲームバランスは難易度としてそこまでぬるくはなく、その変わり死んでも何か失うような要素もないので、気軽にガンガン挑めるのが良い所じゃないかと。死んで覚えるというほど高難易度ではないですけど、個人的には好感触。


 システムは古き良き、まあよくあるRPGでありながら、その世界観とキャラクター性のインパクトが際立っているように思った本作。たまに時間を見つけつつ進めていこうと思います。

[ 2013/03/25 12:21 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。