ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく! 398話~399話の感想 

 またしても2話分を適当にまとめた感じです。


 最近は流れをぶった切ることが多いから、398話で唐突に咲夜のお話が来るだろうなーお身構えていたら来ませんでした。
 まあそんな398話ですが、内容としては持ってる女であるところのナギが旅を決意する流れ。ナギが動けばハプニングが起こるというのは、自分が常々主張した「ナギなしには物語が動かない」ことの証明とかまあそんなイメージ。より正確には、ナギが動く、ではなく、ナギが動いた結果変わる、ことが重要だとは思うので、この旅を経てナギに・・・今度こそは「前向きな」変化が起きてくれることに期待したいですね。

 しかし、会話の途中途中でマリアさんの寸劇的なものが挿入されましたけど、最近この手の手法を時々見かける気がします。自分としては、マリアさんがそんな話の腰を折ったりするタイプではないんじゃないかと思うのが正直なところですが、連載では出番がなくなり忘れ去られる存在がいればこそ成り立っているわけで、ここは出番がもらえたことにファンとして喜びべきなのかもと思ったり思わなかったり。


 そして399話、旅に出たナギ一行は、京都に行く過程でいつの間にか北海道に辿り着きます、という展開。

 ポイントはずばり、ヒナギクと千桜、ナギと伊澄を離れさせたこと、ここに尽きるでしょうね。むしろ、そこに意味を持たせなければならない、というのが正直なところでしょうか。少なくとも、今週の英語力を披露しつつオチをかますナギという構図は、ヒナギクがいるとその時点で難しそうな描写ですし。もっとも、カユラも一応飛び級なのですが、まあナギと違ってカユラは語学力がどうかという以前に「6年を3年に短縮するため」に勉学に励んだわけで、それ以外に必要な勉強をしてない、というのが真相という気もしますけど。

 それと、ゲームの話。見た目はいいけどAIがないというアレ。おやおや絵はいいけど中身はアレなゲームジャンルのお話か自虐ネタかと失礼を承知でまずそれが思い浮かびました、ごめんなさい。・・・まあ正直に言えば、それと併せてSDガンダムGNEXTというゲームも連想したりしなかったりなのですが、それはまあ過去にも語ってるのでスルー。
 ただAIといいますか、漫画の世界もキャラが自然とこう動く、という流れのほうを読みやすさもあるのかなぁと思っていて、ナギの漫画も現時点では自分の動かしたいキャラを自分が動かしたいように描いてる印象があるので、このゲームのようにならずに大成する・・・のはまだ遠い未来の話かもですが、ナギの成長を静かに見守りたい思いです。


 とにもかくにも、次は400話。ハヤテのごとく!自体も随分と紆余曲折しながら長い旅を続けてますが、自分ももう少し中身のある感想を書けるように・・・なれたら苦労はないですが、書く以上はそういうことも意識しないとなぁと気持ちを新たにしたのでした。
[ 2013/03/19 08:54 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(2)
果たしてコミケ前に帰ってこれるのかwwww。まあ、原稿徹夜でも何日かはかかるから数日前には戻ってこないといけないけど。もしかして割と早く帰ってくる?

天才(感覚)派の漫画ってキャラが勝手に動いてストーリーが変わるということも多いそうです。例えば本来列車に乗らないはずなのに乗っちゃうとか。
[ 2013/03/19 15:42 ] [ 編集 ]
ハプニング目的の旅だと、何が起きるとかどこに行くとかだけでなく、日程自体予定通りにいかない可能性もありますからね。それこそ、案外旅しながら原稿を描く展開もありえそうですが。

ハヤテの場合、キャラが動くというタイプではなく、緻密なスケジュールに併せてキャラを動かすタイプなんでしょうかね。といっても、実際は節目節目だけが決まっていて、この作品も気付いてない所でキャラが動いてる場面もあるのかもです。

コメントありがとうございました。
[ 2013/03/23 13:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター