ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ヒナギクの教育方針 

 ルカの漫画を大きくレベルアップさせたヒナギクの教育方針ですが、ではヒナギクが教育者として優秀なのかと言えばそれは少し違いのかなと思ったり。

 ヒナギクの教育って、まず大前提として「コツコツ努力できるだけのやる気があること」が存在している気がするんですよね。ヒナギクのやり方は、文字通りヒナギク自身が成長してきたやり方に通じるもので、同じようなタイプのルカにはそれが効果抜群でした。確かハヤテもヒナギクに勉強を教えてもらったことがありましたけど、ハヤテもまたヒナギクやルカと同属にあたるわけで、彼が結果を残すのも必然と言えました。
 しかし、ヒナギクの周りの人間が彼女の力で育っているかといえばそれは違うんじゃないかと。ハヤテがヒナギクに泉の勉強を見てもらおうとした際には、その厳しそうな雰囲気から断念しましたし、単行本掲載の4コマで西沢さんがヒナギクに勉強の相談をした際にも、およそ凡人は不可能な勉強スタイルを提案してたり。

 白皇が元々勉強意欲抜群の人ばかりが集るエリート校なら、ヒナギクの教育スタイルはこれ以上ないほど活用できるでしょうけど、あくまでお金持ちが多い学校というだけで、雪路のようにやる気が無い人にもある程度やる気を出させる、理解に乏しい人に一定の知識を与えられる方が通常?の教育者としては向いているのかなーと。

 努力だけで漫画を理解できてしまう描写には正直違和感がありましたけど、ルカをよりレベルアップさせるということでいえば、むしろヒナギクの教育方針ほど有効に機能するものはなかったのではないかとも思う今日この頃です。

[ 2013/03/08 04:56 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター