ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

そして伝説となった「シルフェイド見聞録」 

この「シルフェイド見聞録」は、連載形式のアドベンチャーゲーム
です。そして、フリーゲームにして、その完成度の高さから
圧倒的人気・知名度を誇る、フリーゲーム界を代表する名作でも
あります。(通称:「シル見」or「汁見」らしいですよ?)

主人公である「エシュター・クレイトン」は、医者を目指すごく普通
の青年。・・・のように見えて、実際はかなり個性的。しかし、
周囲のキャラがあまりに個性的すぎるため、普通の人に見えてしまう
不思議感覚。それこそがシル見クオリティーなのです、多分。

物語は、「ノーマ学院」という場所を中心に繰り広げられていく
ことになります。ある程度は決められた選択肢を選ばなければいけ
ない場合もありますが、基本的には、周囲の人と適当に会話して
いれば、自然と物語が進むようにできています。なので、あまり
固くなることなく、気楽にプレイすることができるのも好感が
もてます。

シル見最大の見所は、やはり各キャラが織り成す、シュールなギャグ
の数々ではないでしょうか?正直、私にはうまく説明できないのです
が、とにかくその雰囲気が最高です。ストーリーとは全く関係性の
ないような他愛のない話でも、思わず1度は耳を傾けたくなる。
意味もなく、無性に寄り道してみたくなってしまう。
プレイヤーがミスリードされたくなるような魅力、それこそ一種の
魔力のようなものが、この作品内には流れているのです。

それでいてただのギャグ作品に留まらないのが、シルフェイド見聞録
の恐ろしさでもあります。表では馬鹿騒ぎをしつつも、その裏では
シリアスな展開が、ごくさりげなく繰り広げられていくことになる
のです。キャラの個性・ギャグとシリアスの絶妙なバランスこそが
シル見最大の武器であり、それによって、本作が至高の一品と
呼ぶに足る存在であることが証明できるのです。

絵の雰囲気などから、もしかしたら若干抵抗があるかもしれません。
人によっては、ギャグセンスが肌に合わないこともあるでしょう。
しかし、普段「アドベンチャーゲーム」など全くプレイすることが
ない私が、このゲームにだけは熱中してしまいました。
とりあえず、騙されたと思ってプレイしてみるのをお勧めします。
百聞は一見にしかず・・・です、きっと。

作者であるSmokingWOLF様の世界観(=シルフェイド)は、まさしく
夢の世界。これを体感せずして、シルフェイドは語れません!


総プレイ時間:30~40時間?

*作者(SmokingWOLF様)の公式サイト → こちら

[ 2007/06/01 21:51 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(2)
懐かしいタイトルです。
ひたすら同じ行動を繰り返させたり、選択肢の全てを無意味に試したり、役に立つとは思えないアイテムを使ったり――人間がアイテムで売り物に選択できた時はビビりました――やりこむほど変なリアクションが返ってくる良いアドベンチャーでした。まだ完結してませんけど。
いろいろと気になる伏線があったので、続きがでてほしいものです。
[ 2007/06/01 23:17 ] [ 編集 ]
こいん様、こんにちは。

話の本筋とは無関係なところにまで力を注いでいたのが実に印象的ですね。それと、常軌を逸したアイテムの数々には、私も散々驚かされましたね。選択肢を選んだときの結果が全く予想できない場合が大半で、その世界観はカオスそのものでしたし・・・。

それにしても、シークエンス6の終わり方が大変興味をそそられる締めだったので、続きが気になりますね。何分そこはフリーゲームなので、気長に待ちたいところです。

>人間がアイテムで売り物に選択できた時はビビりました

何となく覚えてはいるのですが、
どんなシチュエーションだったかは忘れてしまいました。
暇をみてまたプレイしてみましょうかね・・・。

コメントありがとうございました。
[ 2007/06/02 07:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ステータス?
カウンター