ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく!391話感想 

 軽く書きます。


 今週は、千桜はバイト先のアニメイトでモテまくるけどガードは鉄壁、というお話でした。

 まあ簡単にいうと、オタクという同好の士で可愛く有能でとても気が利く優しい子、というのがアニメイト界での千桜のイメージで、おモテになるのも当然だということですね。

 以前から思っていたことではありますが、やっぱり千桜は一般的にハイスペックに分類されるモテ人種に大別されるはずなんですよね。本来強力だけど、チートキャラやチート技のせいで意外と日の目を見ないポジション的な。
 それとこういうシーンがクローズアップされるのは、それだけ主要キャラに男性陣が少なすぎるがゆえのことでもあるんですよね。女の子は恋することで何とかとも言いますけど、皆が皆同じキャラを好きになった時、話のカオスさは増すかもですが、キャラの魅力を引き出すにはあまり良い手法にも思えなくてですね。もちろん、それは男性側から見てもそうなんですけど。

 そして、モブ勢の必死さも何となく分かります。大げさな言い方をすると、リアルに仮想空間レベルの魅力的な人が身近にいるとなれば、まあこの反応も自然かなと。
 ところで、ここまで完全なモブの出番が多い話って相当珍しい気もします。牧村さんと生徒のラブ話とかもありましたけどあれはホント一部だけであって、最初から最後まで千桜とモブ男のアレな関係を描ききるというのは割と思い切ったことだと思います。


 最後に、今週のハヤテは大変おもしろかったですね。普段から面白いといえば面白いのですが、畑先生が描きたいのは長編大作なのかもですが、やはり純粋な面白さでいえば1話完結の方が話しのキレが良いなと。それに、最近だとこのパターンが2話以上に渡って続くことも珍しくなかったり、唐突にシリアスモード挿入してうにゃーとなったりもしていたので、その意味でも密度の濃い1話だったように思います。
[ 2013/01/16 12:32 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(4)
別にほとんどハヤテが介在しなくても話は作れますからね。

男からの視点で見るとハヤテって魅力的に感じないところ多すぎだと思うんですよ(というか個人的にホモでもなければ同年代だったらこいつとは親友になりたくない、だから男友達少ないのだろうか)。元々成長しない+共感型の男性キャラでないってのもありますが。

男性キャラで言えばアニメでは割と出てた薫先生とか妙に共感出来るキャラとかいましたし、今回のモブ男も共感を持てましたね。

ハヤテがあういうキャラ付けされちゃった以上もっと共感型の男性キャラ出して欲しいと思うのですが、ヒムロ消したアニメしかり今後はイクサ&姫神以外はまともに出れないんじゃないかなって思います(その二人もシリアスだろうし)

要はハヤテがあんま介在しない話は面白いよ!とか言いたいと思わないでも無かったり。
[ 2013/01/18 17:05 ] [ 編集 ]
個人的に、ハイスペックキャラは好き嫌い以前に共感するのは中々難しいと思うんですよね。私はマリアさんが好きですけど、共感できるかといえば違いますし。ただ個人的に、女性キャラを引き立たせるという意味でハヤテの存在は非常に重要だとは思ってます。よく女性の仕草だ表情が魅力だという話もありますけど、それを引き出せるのはハヤテを置いていないでしょうし。・・・ハヤテ個人が魅力的に見えるかどうかは、はまた別問題というのも確かなんですけどね。

とりあえず、もう少し男性陣の幅を増やしたほうがいいというのはずっと主張してきたことですし、単純にキャラ個人として人気なのを揃えれば作品の魅力が増すわけではない・・・と信じて待つしかないでしょうかね。

コメントありがとうございました。
[ 2013/01/24 21:32 ] [ 編集 ]
ハヤテのごとくがサンデーの看板化してからでしょうか、やたら女装ヒロイン(もしくは女装もできる)とかでまくってサンデーから男らしさが抜けた印象を持たれたのは(一番は出雲やアラタでしょうがKINGGOLF消えた時だし)

ハイスペック主人公ってのもありますかー
ならばもうちょい主人公としての魅力がほしい…
ハーレム主人公でもあるし。

ハイスペックでも無いけどいくつか例で言うなら
①toloveるのリト
ストーリー上起承転結で言えばリトさんほぼ何も悪くない、ハヤテは不幸もあるけど最近は8割方ハヤテが悪いんじゃないかって(1割ヒナギクの恋愛チキン根性、1割その他)感じ始めてる(天然だけじゃなく意図的鈍感もあるし)。あと無印では自分の意思で春菜ちゃん選んでますし(結果はアレでしたが)。ハヤテはアテネ編での選択は自分の意思で選んだと思ってません。ナギの行動で選ばせてくれてありがとうございます状態。

②とあるの上条さん
鈍感ハーレム野郎ですが右手一本で戦場を駆け巡るところには男らしさを感じます。行動原理も「助けたいから助ける」とシンプルですし。ハヤテのアテネ編での「三千院家の執事として助ける」とかワケ分かんなかったですし。選択のつもりなんでしょうけど、傷に塩水って感じでひどすぎでした…

③神のみの神にーさま
同じサンデーですけどゲーマー属性という明確な長所でも短所でもあるところに魅力を感じます。何としてでも成し遂げるってところからなんでしょうか。女装化とか精神移動とかしちゃったので漫画自体が少し女性化しましたが(最近微妙なファンタジー展開だし)

④リトバスの理樹
あれは本人が女らしさ全開ですが回りの男共の魅力がカバーしてるんでイケイケですが

⑤戦国ランスのランス
エロゲですが(リトバスも一部だが)。ハーレム主人公ならあれくらい突き抜けてしまえば魅力にもなっちゃうんだろうなって。

魅力的な主人公には魅力的なヒロインたちもいると思ってるんで(逆に魅力的ヒロインがいるからって魅力的な主人公がいるかと言うとそうでもないですが)、引き立て役としてもハヤテがうっとおしい感があるなら、芳文社系列の百合漫画系でもハヤテのごとくは機能するのでは?と思ってしまいます。
[ 2013/01/24 23:36 ] [ 編集 ]
ハイスペックすぎる男性キャラ、というのは中々扱いが難しいのはかなと個人的には思ってます。

挙げてもらった例に知らないキャラも含まれているので何ともいえないところですが、少なくともハヤテは共感の得やすいキャラではないんでしょうね。別にハイスペックヒロインが共感が得られないのは大きな問題にはならないでしょうけど、主人公がそうなるとは全くの別問題なのかな、と最近思い始めたところです。

ただハヤテの場合は本人ということ以上に周りに問題がある部分が多少なりともあるのかなと。変に不幸を強調したり、ハヤテのハイスペックさを事ある毎にヒロイン勢が語ってみたり、まるで意図的にハヤテのキャラがこうなんだよーと作中キャラに語らせてる感が気になることも。前に自分の記事だかどなたかへのレスで書いたんですけど、ハヤテはヒロインの魅力を引き出すためのキャラクターで、自分自身の魅力は若干犠牲にしてる面もあるような、そうでもないような。

百合については理解に乏しいですけど、女性コンビばかり機能してるあたり、そっち方向でも普通にやっていけそう、とは確かに思いますね。それがハヤテのごとく!らしいかといえばまた違う話になりそうですが。

コメントありがとうございました。
[ 2013/01/30 08:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター