ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WiiUには不安要素が意外と多いかも 

 初の発売日購入ということもあってじっくり遊んでいるWiiUですが、個人的な期待値や実際の満足度の高さはあるものの、冷静に考えると不安要素が多すぎる気がしてならないのまた事実なのかなと。


フリーズ報告多数、切替時間の遅さ等々
 スタート直後とはいえ、任天堂らしからぬ不満点が多いのがWiiU船出の特徴でもあります。そもそも、スペック面ばかり押してる感もあり、一応ソフト単体でみれば任天堂らしさがあるものの、全体的に詰めの甘さが目立っているのもまた確かなんですよね。


ソフトラインナップの懸念
 3DSのような失敗はしない、といいながら、マリオは本当に出しただけで代わり映えのしなさすぎる内容というのはプレイして実感しましたし、ニンテンドーランドは実験作としては興味深いものの、ユーザ数や持っているデバイスによって遊べるソフトが限定されたり、サードは移植やら後発マルチにささやかな追加要素パターンばかり。ゾンビUのおかげで何とか見れるラインナップになってる感。それ以上に不安なのは、来年以降の予定があまりに未定すぎる(サードはいつものことながら、それ以上に任天堂自身が)状態で、色々厳しそうです。


宣伝文句のズレ
 3Dばかり押してすれ違い通信やいつの間に通信等の印象が薄くなった3DSの二の舞といいますか、本来ならもっと非対称性の面白さやMiiverseのような独自機能を全面に押すべきじゃないかなぁと思うんですよね。厳密には非対称性はWiiUの特徴といってはいますが、現状任天堂のソフト自身がそれを実践できるかどうか不透明感が強く、後者は遊んでいて本当に面白いツールと感じながら、任天堂のプロモーションがどうかといえば微妙じゃないかと思うわけで。


内蔵ソフト(アプリ)沢山!なお
 初期から入っているけど利用は有料パターンがちょっと多すぎやしないかというのは、WiiUということ以上に任天堂のこれからという点で不安が残ります。確かに起動はできますけど、いざやりたいのであればお金を・・・というのは普通なら何らおかしくないんですけど、任天堂がそれをやってしまうことに違和感があるようなないような。まずはeショップで、とすると触る機会自体激減するでしょうから気持ち的、商売的には分かりますが、それ自体がハードやメーカーへの不信感、不満点に繋がらないことを祈るばかりです。


 万全の体制で臨むといいつつ、本音としては年末商戦に間に合わせなかったので突貫工事になりました、ということだとは思います。私個人としてはMiiverseの面白さやブラウザの便利さ等含めて予想以上に満足してますけど、他方でくすぶる懸念要素も多い気がしたので少し書いてみたというお話でした。


[ 2012/12/21 00:20 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。