ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく!385話感想 

 感想です。


 ナギに対し、1人でも生きていけるのか、と正直脈絡もなく質問されたナギの身になって考えてほしいなと思った先週の引きではありましたが、それはそれとしてナギの回答としては、当然生きていけるというもの。およそそんな風には見えませんし実際できないとは思うのですが、同じ様な状況でもかつてのナギなら、自分は1人でも生きていけるという考え方は今も昔も変わらないものの、誰もいなくなるという前提で話をすること自体考えにくかった気はします。能力的な成長はともかく、こと精神面では成長した、かはそれもまた微妙ですけど、少なくとも将来の自分の生き方とその課題が明確になっていることに関しては確かな前進がある、と信じたいです。人としての成長は、自分の未来像とそのために何をすべきがある程度見えないことには中々実現し得ないことですから、と誰かが言っていた気がするとかしないとか。
 ハヤテはハヤテで、ナギの独り立ちを画策してる・・・ように見えますが実際そのために何かやってる感はあまりない感じ。私の中で、まるでハヤテ1人だけが超人スキルを持っているように見えているのは、出番の多さとかそういうの以上に、自分が何とかすれば大丈夫的な発想が常にあって、他のキャラが周りを立てるというか成長を促すというかそういうのを意識しているがために、超人らしさが影を潜めている面もあるんじゃないかと。その意味で、「こんな事もあろうかと」を地で行く執事キャラの考え方は成長面でプラスに働かないのかなと思いつつ、できればこの発想が「こんな事もあろうかと独り立ちできるような教育をしてきた」ということを指していると期待したい今日この頃。


 一方でルカは、ハヤテに突撃して撃沈したけど次の手を考えると諦めない姿勢。それはそれでらしいのでいいのですが、一方で西沢さんの表現が何故かシャア専用クオリティなのが気になる所。こういうのが西沢さんトーク内に入るのは、漫画からみで活躍できたヒナギクのごとく微妙な違和感があったりなかったり。もっとも、この行動力は別にシャアじみた特殊能力では本来ないはずなのですが、相対的に見れば希少な存在に見てるのは致し方なし。まあ西沢さんに関していえば、他ヒロイン勢に比べれば指揮官型ザクくらいの性能は発揮しているかもですが。


 話は戻ってハヤテとナギですが、ナギがこのままではいけないと考えたハヤテは、三千院帝に電話連絡。ここでお屋敷に戻るフラグ立てでもするかなと思いつつ、かといって帝がそんな甘々な理由でハヤテの要求を飲むとも思えないわけで、そうすると何かしらの賭けみたいな形になって、それに勝てば云々の流れになると適当な予想。


・・・で、毎度毎度思うのですが、ハヤテのごとく!はいつの間にこんな女性が脱ぐのとハヤテが女装するのが常態化しつつあるんでしょうかね。前にも少し触れた通り、これくらいの乱発でも冷めないような熱狂的なファンしか残っていないという現実を加味しての作風変更と考えるのは自然でしょうけど、それはそれで悲しい考え方だなーと思うわけで。
 ナギの考え方も、一見凄い向上心のようで1兆部という妄想は捨ててないところがまた・・・うーん、ナギの成長を信じたい気持ちと、やっぱり同人編はという気持ちが混ざり合った複雑な心境。もっともこれについては、ナギがどうかというより、「ルカを特別なキャラにしたい」という畑先生の考えがそのままナギの思考回路に繋がっている感もあったりなかったり。それに、確かに同人編以前の流れをぶった切った感じが全開ではあるものの、ナギの成長とハヤテ視点での見守る構図だけは一応ぶれてないですし、やはりそこを一点突破で期待して読むのがいいのかなと。


 そんなわけで、こういう話にこそ絡んでくるべきではと思うマリアさんが絡んでこない時点でやはりマリアさんこそがラスボスなのだろうという結論にまたしても至ったという感想でした。


[ 2012/11/21 12:38 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(2)
ナギは少なからずとも成長しているとは思いますが逆にハヤテ自身が成長していないという感じです。(元々他人に影響を促すキャラだったけど)

昔も今も必死に今を生きることしか考えてなかった彼に未来を見られるのでしょうか。

初期に比べて女を扱うのが上手くなって人によって態度変えるようになったという意味では性格的には悪くなったのではとすら心配しています
[ 2012/11/21 21:37 ] [ 編集 ]
以前、この漫画はハヤテの成長ではなく、ハヤテの周囲で成長していく他面々を強調するべくハヤテ本人の成長描写が非常に少ない、と書いた記憶がある(ツイッターの方かもですが)のですが、まさしくその状態が続いてる印象ですね。

今の展開を見る限り、ハヤテ自身の変化は最終盤にあるかないかくらいの流れになりそうですし、そこは長い目で見るしかないのかもしれません。

コメントありがとうございました。
[ 2012/11/25 22:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター