ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

新絵心教室のプレイ感想 

 ニンテンドー3DSで発売された新絵心教室ですが、そのプレイ感想になります。

 ・・・という前に、考えてみればよく私がお絵かきソフトを買ったなと今更ながらに思います。それもこれも、いつの間に交換日記で落書きするのが楽しかった、というのが1番の理由ですが。

 そんな前置きはともかくとして率直な感想としては、お絵かきツールとして非常によくできたソフトだったんじゃないかと思います。比較対象がいつの間に交換日記の時点で素晴らしいソフトに見えるのは当然でもあるのですが、初心者観点で考えたとしても使い勝手がいいんですよね。

 まずはレッスンの内容ですが、まだ全部やったわけではないとはいえ、自分のような素人でもうまくなった気にさせてくれる、絵描きさん気分を楽しめるのが良い所ですね。もちろん上達するとは思うのですが、あくまで楽しく、気軽が大事。それは「ゲーム」としての重要性を説き続ける任天堂ならではの良さかなぁと。

 使える画材も多く、おおよそメジャーなツールは網羅している気がします。ただ本格的を意識しているためか、「消しゴム」的な部分はもう少し気軽に使えるようにしてほしかったかも。本当に消しゴム感覚なので、妙に時間がかかったり消えてるかどうかパッと見では分かりにくかったり。本作で明確な不満点と言えるのはこれくらいでしょうけど、だからこそ余計に気になった面もあるとは思いますが。

 地味に嬉しい機能としては、絵の保存が簡単かつ大量にできることですね。どうも3DSカメラの保存領域を利用しているからみたいですが、とにかく思いついたら適当に描く、というプレイスタイルには非常に合ってると思います。ゲーム内の美術館に自分の絵を好きなように飾るちょっとしたおまけ機能もありますし、あとはその保存したソフトをもう少しネットとかに簡単にアップできれば尚良かったかなとは思いますけど。これについては、新絵心教室というよりも3DSというハード自体の課題なんでしょうけど。


 トータルでいえば、「絵を描く楽しさを思い出させてくれるソフト」、それが新絵心教室の正体じゃないかと。特に、小さい頃わりかし絵を描くのが好きだったけど、最近は完全にご無沙汰、ネットでうまい人の絵を見てれば十分、という人にオススメできそうです。ただ、割と本格的という謳い文句ではあるものの、そこはあくまでライト層向けであるので、既にお絵かき環境がある程度整っている人であったり、これ1本で抜群に上達できるはず、という考えのもとで購入するのは控えるべきかもと思ったり。先ほど書いた条件を満たしていて、かつ既に3DSを所有しているなら、買ってみるのもアリかもしれません。




[ 2012/11/07 19:35 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター