ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

2012年プロ野球の感想 

 巨人が日本シリーズ優勝を決めて幕を閉じたので、軽く総括。


統一球2年目
 昨年から導入された統一球という名の低反発球ですが、今年も各打者がそれに苦戦する投高打低の傾向は変わりませんでした。この是非については人それぞででメリット・デメリットも当然あると思いますが、割と頻繁に野球視聴する身としては、「いい当たりだけど伸びきらず失速してフライアウト」的な打球が気持ち多いのは少しばかり寂しいかなぁと。
 その分、いかにしてランナーを進めるか、というのが大きなポイントになっていたように思います。今年の場合は昨年本塁打王のおかわり君こと中村選手やバレンティン選手が離脱するなど打撃系のタイトル争いがそれほど脚光を浴びなかった反面、例えばパ・リーグでの盗塁王争いの話や犠打成功率などを割と気にしつつ野球観戦してた気がします。


日本シリーズ
 今年は巨人や日本ハム。全試合ほぼ全て視聴した立場として率直な感想を述べるなら、実に面白い試合展開だったなぁと。多田野投手の誤審判定は見ていて悲しくなりましたし、それを認めるどころか多田野投手に処分がくだされる流れは残念としかいいようがなかったですが、それを除けば本当に中身の濃い、いや、ある意味それも含めて中身が濃い日本シリーズだったのではないかと。打線爆発あり、サヨナラあり、先頭打者ホームランの1球にないた試合もあり、そして今日の第6戦では日本ハム4番の中田選手の豪快なホームランが見れましたし、1野球ファンとして非常に楽しめる内容が盛り沢山でした。


物凄く個人的な話
 注目選手の話を最後にしておくと、1番印象的だったのは日本シリーズでの小笠原道大選手。いい当たりだけど外野の頭は越えずに失速してアウトという場面は、年齢からくる衰えと統一球の影響をモロに受けているのが否が応でも感じてしまい、1番好きなスポーツ選手のその姿を見るのは流石に辛さと寂しさが綯い交ぜになっていました。


 こう考えると、諸々含めて自分が本当に野球(観戦)が好きだというのを改めて実感できる1年でしたし、地上波でほとんど観れなくなった一方で、ニコ生のように積極的に中継するネットの存在がクローズアップされるなど、これからもじっくり野球が楽しめるというだけでもホッと出来るかなと。とにもかくにも、例年通りお腹いっぱいになれましたとさ。

[ 2012/11/03 21:54 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター