ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲームという名のコミュニケーションツール 

 小さい頃からずっと家庭用ゲームでばかり遊んできましたが、今にして思うと、ゲームにおけるコミュニケーション要素は非常に大きな意味合いを持っていたんだろうなぁと。

 自分のゲーム歴を思い返した時、当然RPGやSLGのような1人プレイ向きゲームも多くプレイしてはきましたが、同じゲームを遊んでいる友人とそのゲームについて盛り上がることも、ゲームそのものをプレイすることと同じくらい楽しんでいたように思います。逆に周りに同好の士がいなかったとしても、ゲーム全盛は多かれ少なかれゲーム自体への興味は誰しもあったもので、その魅力を語り聞かせたり、互いの好きなゲームについて語り合うことも楽しめたわけで。

 そんな過去を思い出しつつ昨今の状況と照らしあわせてみると、ソーシャルゲームやオンラインゲームにおいて人との繋がりは無視できない、というよりもむしろユーザ間の繋がりこそがゲームの根幹を担うと言えるレベルのジャンルが長らく注目を集め続けています。
 家庭用ゲームという面でも、すれちがい通信あたりは不特定多数のユーザとのコミュニケーションツールであるのは言うまでもありませんし、ネット上で実況プレイという形で遊ぶのも、まさしくユーザ間の繋がりがあればこそ成立するものでしょう。・・・誰も観ていないけど1人で実況してるだけ、という遊び方も存在しているかもですが、それはまた別として。


 私の場合はどちらかといえば1人黙々とRPGでレベル上げするようなタイプなので、ことコミュニケーションという点でいえばかなり消極的な立場にあるとは思います。そんな自分でも、同じゲームなら仲間が沢山いて語り合える方がずっと楽しいですし、世の中の多くのゲームユーザも同様に考えているのかなぁと。
 ただ、私の中ではあくまでゲームのその先にコミュニケーション要素も存在しうる程度の認識でもあり、コミュニケーションを意識しすぎて、ゲームというコンテンツが疎かにならなければいいなぁとも思う今日この頃なのでした。



[ 2012/10/14 10:25 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。