ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

改めて同人編について語る 

 基本的に、同人編はアレな内容だったという自分の考え方は変わってはいないのですが、とある意見を受けて、改めて同人編について自分なりの評価をしてみようかと。


ナギの成長の布石
 当初、私の批判の矛先は「結局ナギが馬鹿な行動をしただけで終わった」というところに端を発していました。実際、ナギが成長できたかといえば正直描写的には微妙だと思っています。
 ただ、ナギの考え方が大きく変わりうるきっかけが多く見られた、という点では、これからへの期待が高まる内容でもあった気がしています。

 まずは何よりも、千桜とルカの存在が大きいでしょう。千桜は大変身近な存在でありつつも、時には自分に厳しくも接してくれますし、ルカは一見すると遠い存在のようで、漫画という共通の趣味にして大きな夢があります。これまでの交友関係が三千院関係者でほぼ完結していたことも踏まえると、より広い視野をもつことはもちろん、これからの交友関係がより広がりやすい立場になったという点でもプラスに働きそうです。

 2つ目に、ナギ、ハヤテ、マリアさんの関係の変化が挙げられます。今まで、ナギを守る役目に終始していたハヤテが、ナギを諭すような場面もあり、それだけでも非常に価値のある変化だと思います。ナギ側からすると、それまで男性や執事としての意識が先行していたものが、それまでと違う・・・具体的な表現が浮かびませんが、ナギから見たハヤテの存在意義なり距離感に変化を感じるなと。ラブコメでもギャグでもない、けどシリアスというほどでもない関係が、今のナギとハヤテの間にできつつある、そんな気がします。
 ナギとマリアさんとの関係でいえば、兎にも角にもナギから見たマリアさん像の変化がポイントでしょう。どちらかといえば、ネタとしてマリアさんの名前を引き合いに出すことが多かったナギが、明らかにマリアさん個人を意識した言動を取るようになり、しかもそれが割りとポジティブな要因に伴うものであるのは良い傾向かと思います。


マリアさんの原動力
 一頃、マリアさんの生きる原動力はナギそのもので、それ以上でもそれ以下でもないという見方をしていました。ただ、今のマリアさんは、ナギが絶対の存在であることに変わりはないものの、マリアさん自身が自発的に行動しているように見えるといいますか。お屋敷を出るにあたり三千院帝と電話越しに会話した際にも、面白そうという理由からナギについていったという所にも、その一端が垣間見れるように思います。自分が力になれない同人活動にナギが力点を置いたことが、結果的にマリアさん自身のことを考える余裕を生んだのかなぁと。



 同人活動そのものの是非はともかく、それを通じて変わり始めた点に着目して改めて考えてみると、意外と主要キャラの立場や価値観に少なからず変化を生むキッカケになっているのかもしれません・・・が、まあこの辺りの真価が問われるのはもう少し先の話になるんだろうなぁと思うと、今の段階で評価を下すのは難しいのかもしれないとお茶を濁す今日この頃なのでした。


[ 2012/09/29 19:05 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。