ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

機動戦士ガンダムAGE(PSP版)のプレイ感想 

 PSPで発売されたガンダムAGEのゲームですが、そのうちユニバースアクセル版をクリアしたので、その感想になります。


 「ガンダム版ダンボール戦機」。・・・おそらく、プレイ経験のあるなしにかかわらず多くの人がこのイメージをされそうですし、まさしくそのとおりの内容でした(一応ダンボール戦機は1作品プレイ経験があります)。

 ストーリーは本編を1話しか見ていないので評価が難しいですが、色々突っ込みどころはありつつ、やはりゲームとして楽しめるということで逆におまけ感覚でストーリーに触れられるのは良かったですね。おそらく細かな描写や設定がカットされてるだろうとは思いますが、おおまかな流れはこの作品1つで把握できそうな感じです。ちなみに、ゲームプレイ経験のみで好印象なキャラだったのは、2世代目のウルフやアリーサあたり。アニメ視聴経験の有無でここは差が出そうですが。あとはまあ、1世代目がユリンで引っ張りすぎなのと、3世代目の主人公に感情移入できる気がしなかったのが、結果として2世代目に注目が集まったのかもですが。


 ゲーム内容は冒頭で触れた通り、ダンボール戦機と同じような感じです。ただデザインがSD化されてるので、最近ではガシャポンウォーズあたりが少し印象としては近いかもです。難易度は若干優しめくらいですが、個別に用意されてるミッションモードではしっかり育成する必要があるくらいになってます。むしろ、本編攻略だけならそこまで必死にユニット育成する必要はないですかね。

 で、今触れたミッションモード(正確にはクロスミッションモード)なのですが、こちらがある意味メインかも。自分はユニバースアクセル、ようはゲストに宇宙世紀のガンダムが若干名登場するものなのですが、やはりSD化した懐かしのガンダムキャラは何時見ても良いですね。ミッション数も多く、ユニットをがっつり育成できるので、やり込み好きとしては有難い仕様です。

 ただ、細かな部分で気になる点もありました。具体的には・・・・

・最終的には強キャラがそのまま強キャラになる(成長パターンが決まりきってる)
・2周目の概念がない(必死に育成しても、本編ラストがミッションモードでしか使えない)
・本編でコア部分(顔+胴体にあたる)が一切変更できない(足と腕は変更できる)
・クロスプレイミッションの内容が恐ろしくワンパターン

 ダンボール戦機という下地があるのでゲーム内容として面白いのは確かですが、その分もうちょっと作り込めたのではないか、という疑念も多々あります。長く深く遊べるタイトルを目指そうとしていたのは節々から伝わるものの、どれもいま一歩その領域に到達できていないんですよね。

 これをベースに、例えば別ガンダム作品をメインに据え、かつその細かな粗さを全て修正してくれば、間違いなく名作の域に達すると思うので期待!はしたいのですが、売上がどうも微妙らしいのでそうはならないのかなーと残念な気持ちになる、けどまあ予想通り面白かったので良かったかなという感想でした。
[ 2012/09/23 15:16 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター