ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

幽霊神父と大人視点の重要性 

 ハヤテのごとく!は年齢的に大人であるキャラクターも沢山いますし、マリアさんをはじめ年齢以上に大人びた雰囲気を持つキャラクターも沢山いる作品ではあります。

 ただ前者である程度出番があるキャラは総じて子供っぽさが強く(桂家の母や初穂さん等)、後者はあくまで雰囲気がそうというだけで、大人であるかといえばそれは違います。


 その意味で、自分はリィン・レジオスターこと神父さんの微妙に大人な視点は割と大事な要素ではないかと思っています。
 バレンタインデーでマリアさんすら子供扱いし、ヒナ祭り祭り編でヒナギクの相談相手になり、ムラサキノヤカタ絡みではハヤテを諭すような場面もある等、ネタキャラ要素が全面に出ている陰で、大人な対応をしている場面も多く見られますし。

 年齢も性格も大人で出番がそれなりにあるキャラがいればそれで済むのではないかと思うこともあるのですが、おそらくハヤテのごとく!では出来の良い大人を描くことを避けている印象もあるんですよね。それがオトナな雰囲気を持つ子供を際立たせるためなのか、或いは別の理由があるかはわかりませんが・・・ただ1つ確かなのは、大人の視点を持ったキャラ自体はそれとは別に必要不可欠だとも思うのです。

 そんな「本当の大人は描きにくいけど、大人な視点は必要」という状況にうまく当てはまったのが今の神父さんではないかというのが私の意見です。現世に未練があるやらハヤテに取り憑いているやら言われてますが、本当の所はこういった便利屋?としての存在意義を作者が見出したがゆえの活躍なのかもなぁと思うのでした。

[ 2012/08/30 07:07 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。