ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ワタルの人生について少しだけ考える 

 本日8月30日は橘ワタルの誕生日ということで、少しばかりワタルについて考えてみることにしました。

 で、いきなり結論から述べてしまうと、ワタルってハヤテとはまた違う意味でお金に縛られた人生を送っている気がしているんですよね。

 かつての御曹司(?)だったワタルも、家が落ちぶれたことで三千院家との許嫁云々という話が上がり、そこへの反発心から三千院家以上の財産を築こうと頑張りだしたのが始まりとも言えます。そういった頑張りがいずれ伊澄を振り向かすことに繋がるのではないか、という淡い期待がそこに連なってもいました。

 母親の美琴との関係では、ラスベガスでカジノ対決にまで発展し、その時も常に金の話が中心に回っていました。そもそも、海外に行くという話になった際も当初はお金の問題が大きく立ちはだかっていたというのもポイントでしょう。

 その後、事業に集中するため、憧れの伊澄を追いかける形で入学した白皇をやめ、家を担保に1億円を手に入れた上で活動をはじめるなど、現在に至るまでお金とは切っても切れない毎日を過ごしています。

 そんなワタルの凄い所は、この年令でこれだけお金に縛られながらも、常に上を向いて、意地でも前に進もうとしているところ。中々結果が伴っていないですが、逆にそういう面も含めて、ワタルが誰よりも努力の子であることを証明している気もします。


 ただ、ワタルの原動力が少なからずお金(と伊澄)に集中しすぎてもいるので、もしかしたらワタルは延々努力の人のままで終わるような予感もします。幸か不幸か、そのために必死になっているワタル、という絵面が様になりすぎていますし、そういうひたむきさがサキさんらを惹きつける大きな要因ともなっているでしょうし。もちろん個人的な希望としては、伊澄への想いを封じ込めてまでサキさんとの未来を掴もうと一大決心をしたわけですから、小さな歩みでもいいので日一日と前に進んでくれたらなぁとも思うわけですが。

[ 2012/08/30 06:01 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。