ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

三千院ナギとお金 

 自分の同人誌を1000部売るために、ネットワークを利用して営業活動に勤しんでいたナギを見て、ハヤテはナギのことを「お金の天才」と表現していました。

 この話をふと思い出して、何となく気になったことがあります。

 それは、もし文字通りにナギがお金の天才であるならば、家賃収入云々というレベルでやらずとも、お金を増やせるのではないかという疑問。実際、手元の2000万円を使って株とFXに投資しようとしてましたし、かつて単行本2巻でで三千院帝と話をしていた際にも、自分は株やらその手のものだけでもやってけると豪語してたわけで。

 ただこれまでの話の流れからして、普通に考えればナギがお金の天才だというハヤテの意見は正しい気がしますから、そうするとさらっと1コマで描かれた「株とFXに投資」はうまく回ってお金が増えると考えるのが自然です。
 では何故家賃収入の話が出たかという話になるのですが、株とFXで解決だけでは話として面白味の欠片もないので一応体裁を保つために家賃収入がクローズアップされた・・・と考えてしまうのもアレなので、私としてはナギがリスク分散をしようとしてるのかなぁという説を提唱してみることにしました。

 株やFXに自信があるといっても100%安心安全で必ず成功すると断言できるものでもない以上、保険をかける必要があるというのはごく普通なこと。それに、ハヤテとマリアさんはナギに仕え、またタマとシラヌイも飼っているということから、資産運用がうまく行かなかったとしても彼らの生活を保証できる状態にしておきたい、という両面から、家賃収入という保険をかけたのではないかと考えています。

 
 それともう1つ思ったのが、借り物の資産で生きるのは嫌だとナギは言っていましたけど、これまでの描写からすると、今後またあのお屋敷に戻りそうな雰囲気もあり、これはナギの言葉とは逆行している気がします。

 ナギがその考えを曲げてお屋敷に戻る可能性もありますが、私としては「今現在の実生活は家賃収入をやりくりし、最後の最後に株とFXで増えた資金であのお屋敷が名実ともにナギの所有物になる」という考えをしてみるのもありじゃないかと思っています。これなら、ナギの言葉通り借り物の生活という形式ではなくなり、かつ遺産相続権を得るわけでもないですし、ルール的に帝の反発もなさそうですし(多少のルールならマリアさんで曲げられそう、というのは置いときます)。


 これにより、ちゃんと家賃収入で生計を立て、遺産相続話に一旦のケリをつけ、元いたお屋敷にも戻れ、一件落着・・・という青写真まで今のナギが考えているかは定かではありませんが、もしもそういう流れになるとすれば、やはりナギはお金の天才なんだろうなぁと思って記事を書いていました。

[ 2012/08/26 09:47 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター