ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナギ→ハヤテについて 

 連載当初から、ハヤテとナギの間には誤解があり、ナギもハヤテに想いを寄せられているという前提であれこれ妄想する日々を送っていたわけですが、今現在の状況はさすがに大きく変わっているんだろうなぁとは思う所です。

 ・・・という流れで書こうと思っていたのですが、少し考えなおしてみると、もし完璧に誤解しているのだとしたら、ハヤテが自分のもとを離れるだとかそういう不安にかられる可能性は低いような気もするんですよね。もちろん、姫神の件がナギに少なからずそう思わせる一因になっているのは確かでしょうけど、それを差し引いたとしても少々考えにくいです。

 そうすると、もしかするとナギは、割と早い段階でハヤテの本意を理解してしまっていたのではないかと思うのです。ではナギの誇大妄想は何だったのかと考えると・・・まあ色々可能性だけでいえばありそうですが、単純にギャグ漫画としてそういうノリが必要だったとも言えそうですし、アニメ1期OPにあったような「嘘から出た真」が現実になることを信じていたがゆえの行動かもですし、ラブに限らず単にナギが夢見がちな性格をしているだけという線もありそうです。

 
 ちなみにハヤテについては、「心を鈍感に」という点からナギの想いを理解しているか、「年下が恋愛対象にならない」という点からナギの想いを正しく理解できていないかのどちらかになる気がしていますが、実際はどうなのやら。

 ただ私としては、これだけ互いが強い絆で結ばれていながらその本心を理解できていないというのはどうなのかなぁという考えから、両者ともその真意を理解した上で今の関係を続けてる線を主張したいとも思っています。作中の描写を考慮するに、ラブ路線だけはその理解の範疇を越えた未知の領域として扱われてる可能性も否定しきれないところではありますが。


 そんなこんなで、今日はどこぞのナギファンの誕生日か何からしいので、少しナギについて書いてみたという話でした。

[ 2012/07/10 22:58 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。