ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Wii Uに対して現時点で思うこと 

 中々情報が入ってこないので何とも言えないハードとなっているわけですが・・・。


Miiverse
 Miiを用いたソーシャル機能が実装されるとのことで、これはやり方次第ではうまく機能するのかなぁと観ています。一般にはtwitter等々と大差ないとも言えるのですが、そもそもtwitterを積極的に使う人間がどれほどいるのかという疑問もあります。
 確かに登録数自体は多いですが、実際は登録してるだけとか情報収集にしか使わないとかで、あまり呟いてないつもりでも全体ではかなりの上位だとか言われるように、私達が考えている以上に「ライト層はネットサービスを利用していない」のが実情です。その意味で、ゲームの基本システムとして内蔵されることは、3DSですれ違いが常時可能という概念と同じように思わぬ波及効果を呼ぶ可能性もあるんじゃないかと。


ゲームパッド
 テレビ画面とゲームパッドとの情報の違いをどうソフトの面白さとして取り入れられるかがポイントでしょうか。まあ私としては、単純に携帯機感覚でプレイできる可能性があるだけでも十二分に魅力的ですし、もしこれでWiiソフトが遊べるのだとしたら発売日即購入を決意するだろうなぁと。ただ大きさを加味すると長時間プレイには案外向かない可能性も否定出来ないかもです。


サードの動き
 唯一最大の不安がこれ。Wiiは普及台数でいえば成功ハードなのですが、あまりにライト層中心になりすぎてしまったことでサードパーティが敬遠する結果にもなりました。Miiverseやゲームパッドでの映像出力も、着眼点や発想力があれば大化けさせられる可能性を秘めている一方で、Wiiでのサードソフトの微妙さを考えるとあまり期待しすぎるわけにもいかず、サードはサードでそのリスクに対するリターンが魅力的に映らない限り積極的には動きにくいんじゃないかと観ています。国内で限ればPS3の勢いもまずまずですし、国内サードメーカーの関心をどうWii Uに向けさせられるのかが最大の焦点になりそうです。


任天堂タイトル
 何だかんだで、任天堂タイトルがあればこその任天堂ハード。3DSで力を入れたタイトルが多く見られましたし、さほど心配する要素ではないとは思うのですが、上記したサード事情を考慮すると、前半からかなり飛ばす気概がないと鳴かず飛ばずに終わってしまう可能性も十分にあるんですよね。

[ 2012/07/09 20:54 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。