ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ゆるゆり♪♪ 第1話感想 

 何を思ったのか、原作もアニメ1期にも手を出していないのに、2期1話を見たのでその感想でも書きます。


 タイトルは「帰って来た主人公」ということで、微妙にウルトラマン的リスペクトなのかは分かりませんが、あくまでこの2期1話のみの知識での第一印象を述べるのであれば、本作は「雰囲気を楽しむ」のが1つのポイントなのかなぁと思いました。

 まず、キャラの個性がとにかく明確になっていて、この1話だけである程度キャラの全体像がつかみやすい構成になっていのが良かったかもですね。ただ、あまりに個性が強調されてる気もしたので、もしかしたら元々はある程度の個性があって、その中でファンの反応や制作サイドの意向なども考慮していく内にこの強烈個性が徐々に定着していった予感もしますが実際のところはわかりません。

 キャラ個別についてはまだ何ともいえないところですが、単純に自分好みなのは赤座あかりという主人公でしょうか。MAD的なもので「アッカリ~ン♪」の噂は常々見聞きしてはいたのですが、なるほどこれが噂の波瀾万丈的な赤座あかりというわけですか。出だしのやりすぎ感は従来のコア層を強く意識した結果なのか自分的にはうーん?と思う面もあったのですが、中盤以降の気持ち大人しめも個はしっかりしてて、ボケボケではあるけどそこまでダメな子でもなくて、一生懸命そうだけど中々結果もついてこないけど、やっぱり憎めない、否、愛される存在。自分がパッと思い浮かんだイメージとしてはこんな所でしょうか。

 
 一方で話の全体に触れておくと、まず思い浮かんだのが「仲良し」という言葉。和気あいあいという言葉でもいいかもですが、とにかくほほえましい光景が終始続く作品に思えましたね。自分のように小難しく考えようとしてもそんな考えを一切許さない作風。ゆるく楽しむアニメ・・・それはファンだけでなく、登場キャラ自身も、もしかしたら中の人も含めて。ゆるゆりという名前がどうしてついたのかは多分ググれば一瞬で出るでしょうけど、私としては「緩やかなゆりかご」みたいなイメージで捉えておくことにします。


 ちょっと思う所があって何となく見て、こうして感想を書きつつ思ったことが1つ。これは、文字通り「何となく見る」のが丁度いいアニメなのかもしれません。もちろん、熱狂的なファンの皆さんは例外にしても、例えば自分のようなタイプなら「あ、そういえばニコニコで最新話公開されてる頃かな・・・あとで軽く見ておこう」くらいのノリで付き合うと、ゆるゆりならぬごゆるりと楽しめる予感がします。もっとも、例によってアニメ媒体への関心が薄すぎるので、この先も見続ける保証はないのですが。
[ 2012/07/07 16:50 ] アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター