ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく!366話感想 

 今週もまた、いつも通り思いつくままに感想を書きます。


 ということで今週のハヤテは、明確な繋ぎ回だったなぁというのが正直なところです。ハヤテのごとく!を1話完結形式でありつつも連続性のあるお話とするならば、その内1話完結部分がないのが今週の内容だったのかなと。

 そんなこんなで何を語るか迷うところですが、冒頭でカユラがルカに対し、仕事を飛ばして引きこもるルカに厳しい一言を浴びせていたのが少し気になるところです。これは、仕事も漫画も全力でやるべきという考え方なのか、どちらかを取らない限りはどちらもうまく行かないよという経験則から来る忠告なのかがちょっとわからないなと。まあ、別にルカの例に限らず、二頭追うものは一頭を得ずという言葉もありますしね。
 それと意外だったのは、ルカがカユラの言葉に反発するだけなく、表情までかなり厳しくなっているところですかね。そりゃまあ、いきなり現れた人にそこまで言われて何とも思わない方が変といえばそうなのですが、ことルカに関してはその辺りをすぐ受け止めるような印象があったもので。これはこれで、ヒナギクとカユラの違いがより明確になったとも言えそうですけど。

 まあそんなルカが考えたこととしては、とりあえずハヤテに自分のアパートまで行ってもらい、色々持ってきてもらおうというもの。見られて困るものがないというのは、本当に必要最低限の物しか持ち合わせてないということ、ハヤテを信頼すればこそ、そして・・・なんかもぉ既に色々見られて今更困るも何もないという3つの要素が相まった故の発言のように思います。

 で、集さんがハヤテの行動を読んでいたという話ですが、これはたぶんハヤテの行動ではなくルカの行動を読んだ結果たどり着いた答えなんだろうなと。そして、それはルカをよく理解していたからというよりかは、本人の言う通り「ルカの心をコントロール」術を知ってからこそという気がします。それでいて、ルカの性格ならハヤテのようなタイプに全幅の信頼を寄せ、そのハヤテならうまい具合にルカの部屋まで難なく辿り着き、そこに自分がいた時にハヤテがおよそ予想外の行動を起こさないだろうとそこまで踏んだ上だったんじゃないかと。


 最後は神父さんは何か異変に気づいたとか1人だけ謎の空気を醸し出していますが、霊ゆえにその辺がかなり敏感なのでしょうか。といっても、スペシャリストたる伊澄が現れないあたり、そこまで深刻なものではないのか、もしくは霊とは違う違和感がその正体というどちらかなのかもしれません。


 何はともあれ、繋ぎ回ということで次回以降の展開がかなり気になるところではあります・・・が、やっぱり連続性を意識しすぎると1話完結要素は薄れるなぁと当たり前ではありつつも少々複雑な気持ちもなったりもしたのでした。
[ 2012/06/20 18:14 ] ハヤテのごとく! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/1738-dc6493a7

ハムスター歩が最後の1部屋を借りた事でようやく 全ての部屋が埋まったゆかりちゃんハウス。 さてそんなゆかりちゃんハウスでは 仕事をボイコットして逃げ出して来たルカは物思いにふけっており… アイドルのマネージャー、そこから見えてくるものは…? 雑談掲示板...
[2012/06/20 21:48] 星屑の流星群
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。