ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

綾崎ハヤテを完璧超人だと思い込ませることへの違和感 

 私の感覚では、初期の頃以上にハヤテの優秀さを作中キャラに言わせたり、場合によっては畑先生が解説している印象があります。


他の執事キャラの不在
 執事コメディであり、これまで多くの執事キャラが出てきたにもかかわらず、その扱いは正直微妙です。一流の執事らしき描写をされているように見せて、暴力的な野々原、守銭奴のヒムロ、変態の虎鉄、ネタ要員のクラウス、ロリコンの一条など、心なしか描かれ方が全体的にアレです。
 女性キャラの人気で男性陣の肩身が狭いのもあるとは思いますが、個人的には上記の面々のぶっ飛んだ部分ばかり強調することで、執事キャラとしてのハヤテをより超人というか弱点知らずのキャラに見せたい思惑があるのかなぁと思ったり思わなかったり。

女性陣から見たハヤテ
 女性キャラにも超人じみた面々が揃っているものの、その多くがハヤテのことを非常に高く評価しています。何かある毎にイチイチ、という言い方はアレかもですが・・・実際そういう描写は無駄に多いです。最近は密度が薄くなって説明的描写も減ってる印象がありますが、ハヤテの凄い所解説だけは抜かりがないといいますか。


 私の考え過ぎな面もあるとは思っていますが、少なくともここまで無理にハヤテを持ち上げて超人に見せる必要はないんじゃないかなぁとも思っています。女性陣へのフラグがいくらでも立てるが男友達はおらず、能力は高いけども執事としては成長途上、というくらいのノリで、強さも弱さも両立して描いてもらえたらもっと感情移入できるのかなぁとも思う今日この頃。

[ 2012/05/28 07:16 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(2)
完璧超人かつ女性からの評価が高く惹かれる娘も多い。
自分はハヤテのキャラをかぐや姫の男性バージョンではと考えています。
ハヤテに惹かれるヒロインを姫に求婚する貴公子と見立てると面白い構図になるかなと。いろんな言い訳して交際を拒み、姫と恋仲になろうと頑張るも滑稽に酷い目に遭う。特にルカがいい例かと 
最後は親しい人達の元を去るのを示唆しているのもかぐや姫と近しい趣きが見て取れます。
[ 2016/08/11 16:36 ] [ 編集 ]
確かに、ハヤテは人間関係について常に一線を引いてる印象はありますね。その辺はもう自分の中で揺らぎようがないから、好意を持たれようが、それこそ自分が好意を持とうが、それ以上関係を狭めるつもりもないんだろうなぁ・・・と。
かぐや姫理論については、不思議と納得行く表現ですね。それこそ、まさしく別れの物語の象徴って感じになってきますし。

コメントありがとうございました。
[ 2016/08/11 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター