ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天元突破グレンラガンの視聴感想 

 第2次スーパーロボット大戦Z再世編をプレイしてたら何故か無性に見たくなったので、その視聴感想です。

 思えば、これがガンダム以外で初めて見るロボアニメなわけですが、まず率直な感想として「予想以上に面白かった」と言えます。

 元々、スパロボ内でのキャラクターの雰囲気に惹かれるものがあって見ようと思ったわけですが、ストーリーが絡むことでそのキャラの魅力がより引き出されるようになったのは想像以上に効果が大きいようで。

 とにかく、一貫してブレがないカミナの存在が大きかったですね。正直に言えばキャラとしての好みはシモンやニアだったのですが、グレンラガンの物語を魅力的にしている最大の要素はカミナだと確信できるほどの存在感があったのは間違いなさそうです。
 コメディチックなノリも、その勢いも、そして随所に見られる印象的なセリフも、カミナと、カミナの存在によって変わろうとしている面々が発することも多く、久々に一気見したくなるアニメでした。

 あえて気になった点をあげるなら、当初私が考えていた以上に人が死ぬアニメだった、ということでしょうか。この手のバトル物はよほどのギャグ路線でもない限り犠牲はつきものですが、とりわけ終盤は・・・まあちゃんと仲間なり何なりを助けるがために散ったメンツが多いので、そういう意味では未来に繋がる流れであったとは思いますけど。
 あとは個人的にお気に入りのキャラだったニアのラストシーンがあまりに短かったのが少しばかり残念ではあったかも。そもそも、シモンとニアの関係がどういった経緯を経てあそこまでたどり着いたかもほぼ描写皆無でしたし、多少でもいいのでそういうのを匂わす展開にして欲しかったかなぁとも思ったり。

 俺がガンダムだ!は俺を誰だと思っていやがる!のリスペクトなのかなぁと思ったり思わなかったりもしつつ、終始勢いが衰えること無かったのが本当に圧巻の作品でした。

[ 2012/05/27 10:13 ] アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。