ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテ戯言 

作品人気とキャラ人気
 人気投票で圧倒的でも周囲にファンが少ないこともあれば、その逆も当然あるわけで。ハヤテの場合、ヒナギクやアーたんはその人気ぶりに対して意外と周囲にファンが少なく、逆に西沢さんあたりはトップクラスの人気を誇っている印象があります。そういう意味では、ハヤテのごとく!の中で西沢さんほどファンに愛されているキャラクターはいないのではないかと思う今日この頃。

幼女アーたん3変化
 ヒナギクと絡んでいる時は余裕があり、ナギと絡んでいる時は見た目通りの茶目っ気溢れる女の子、マリアさんと絡んでいる時は少し落ち着いて大人びた印象を与えてくれる幼女アーたん。色々な意味で最強ヒロインはアーたんなのではないかと改めて思った次第です。

誕生日というイベントそのものに意味がある
 ・・・という畑先生の主張を考慮すると、誕生日イベントに一切触れられないキャラというものの存在意義はどうなるのだろうというお話。そして、未来の生徒会長・日比野文の誕生日が12月30日であるとすると、彼女の誕生日を迎える前・・・つまり12月24日終了説は現実味を帯びるかもしれないけど実際の所はよく分からないかもしれないといういつもの結論。ただ、当初(2周目以降攻略可能キャラである)咲夜の誕生日をやるかどうか悩んでいた旨の発言をしていた記憶もありますし、誕生日の時期とその扱われ方、さらにそれに絡んだ畑先生の発言から、キャラの立ち位置について考える機会にはなりえそうです。

同人推し
 同人関係の話が延々と続いている昨今ですが、これの評判がどんな感じなのかはかなり気になっています。過去にも書いたとおり、私はこれ関連の話だけはどうしても解せない展開ばかりで、活躍できるキャラも舞台も限られていることでとても評判が良いようには思えない、かといってハヤテのごとく!の物語として重要な立ち位置にあるとも思えないので、この力の入れようは何が理由なのか・・・と。ひっそり正直に言えば、私は引き伸ばし以外の理由は存在してないという認識です。

ナギの母親感
 常に自分の味方をしてくれる・・・とはナギ談。その発言を受けて、ハヤテはマリアさんの存在を思い浮かべたであろうことは想像に難くないですが、はたして自分自身の立場を考えるとどうだったのかなぁと。そして、他のキャラ、特にワタルやヒナギクあたりがこの辺をどう受け止めるかは結構興味深いように思います。

[ 2012/05/26 08:18 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。