ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく!運命の出会いから現在まで 

そういえば、書こうと思いつつ、特に書いていませんでしたね。
私がハヤテのごとく!に出会い、そして、夢中になるまでの軌跡を。
今までにも何度か触れた事はありましたが、こういう事は
ちゃんとまとめておいた方が分かりやすいかと思いまして・・・。

ただ、無駄に長文になりそうな予感がします。
お暇な方は、どうぞ読んであげてくださいませ・・・。




今を去ること2005年。ハヤテのごとく!はおろか、「少年サンデー」という存在すら知らなかったあの頃、私は何気ない日々を送っていました。漫画好きを公言しながら、ダイの大冒険しか持っていなかった私は、少年誌というもの自体、読んだ事がありませんでした。そして、これからも読む事は無いだろうと、高をくくっていました。

あの日、運命の出会いを果たすまでは・・・。

翌2006年。それは、まだ寒さ厳しい2月のことでした。自宅の廊下に、見慣れない漫画雑誌が置かれていたのです。それは、当時私の兄が、暇つぶしに購読し始めていたという「週刊少年サンデー」。私は何気なく手に取りました。理由ははっきりしません。ただ、何かに惹きつけられたかのように・・・。パラパラとめくってみる。以前TVアニメで見かけたような作品も見受けられました。

そんな時、1つの漫画が目に留まります。

ハヤテのごとく!

常識を武器に、三千院家を守り抜く!! 「マリアさんのハチミツ授業・毒入り」という第64話。

これが私とハヤテのごとく!の出会いでした。なぜ他の作品を押しのけ、ハヤテのごとく!が気になったのかは、定かではありません。81話でのヒナギクの言葉を借りるなら、「だから…運命なんじゃない?」という事なのかもしれませんが。俗に言う「キャラ萌え」という考え方も分からず、一読しました(正確には、この時点ではまた「萌え」とい単語すら耳にしたことが無かったぐらい無知でしたが)。

しかし、この段階では、作品の概要など分かるはずもありません。とりあえず、翌週からは何かに取り付かれたかのようにハヤテのごとく!を読み始めました。人生初の、「連載中の漫画を読む」という、記念すべき偉業を達成することになったのです。とはいえ、この後の展開は、既読された皆様にはご存知の通りです。ヒロインが次々に変わる、怒涛の1話完結形式による連続攻撃。話の展開が全く把握できません。そこで、兄がそれ以前から購入していた雑誌を読み返してみました。

・・・執事・とらのあな編。語るまでもなく、余計に意味不明な内容でした。そもそも、執事とかメイドという言葉すら聞いた事がなかった私には、これ以上自力でこの作品を理解するのは困難であると判断しました。そこで、ネットで何か情報が得られるかもしれないと考え、ふと検索してみたのです。

検索ワードがなんであったのかは、あまり記憶にありません。そして初めて辿り着いたのが、こいん様の運営する「360度の方針転換」。1通り感想に目を通し、「世の中にはこんな秀逸な文章を書ける方がいるんだなぁ・・・」という感覚を持ったのを覚えています。次いで、考察文らしきものも多く扱っていたので、それらを眺めてみる。
・・・その瞬間、この漫画に対する考え方を改めました。「これは、ただのギャグ漫画ではない!」と。所詮は読み始めて2ヶ月足らずのことだったので、確信は持てませんでした。それでも、ハヤテのごとく!という少年漫画が放つ、中毒的な魅力に気付く事ができたのかもしれません。それからというもの、原作とともに、毎週「360度の方針転換」の感想を読むのが楽しみとなりました。

時は少し流れて7月。丁度長期休暇(=夏休み)に入った私は、いつもより念入りに感想に目を通していました。そんな中、ふと目に留まったのが「トラックバック」という文字。何か色々書いてあるが、当時の私には理解不能。見た所、他にも感想を書いている方がいる事に、この時ようやく気付きました。そこで、数ある中から、tanabeebanat様の運営する、「tanabeebanatの日記 」を選びました。
・・・ブログ(日記)のタイトルが気になったという理由だけで(笑)。

とりあえず、過去の記事も含め、1通り読もう・・・と考えたのですが、なんという長文の連続。幸い、時間は十分にあったので、じっくり睨めっこしてみる。・・・そして、撃沈。特定の記事に、というわけではなく、文章全体の説得力みたいなものにやられました。長文が大嫌いな私が延々と読み続けられたのも、それらの文章が持つ破壊力のおかげだったのだと思われます。また、こちらで「作者の畑先生が、毎週Web上でコメントを公開している」ことを知り、そちらの記事を読む事で、よりハヤテのごとく!の世界に浸っていくことになったのです・・・。

そして、今度は「新品の単行本を買う」という、他の皆様方からすれば当たり前のはずであるが、私にとっての「初経験」を果たします。漫画1冊に410円。私からすれば、神の領域に足を踏み入れたような感覚でした(若干大袈裟?)。

*この後も、多くのブロガー様の影響を受けてはいるのですが、あまりに長くなりすぎるのも問題なので、詳細は省かせていただきます。

そうして月日は流れ、2006年12月。この辺りで、ブログの運営を決意しました。マリアさんファン・ヒナ様ファン・その他のファンサイト様など、多くの方の記事から刺激を受けて・・・(と言いつつ、ブログ開始当初は、ゲームがメインでしたが)。そして3月。遂に活動を開始したのです。

今の私には、ハヤテのごとく!の魅力を上手く伝える事ができません。それでも、「理由は分からないが、人を惹きつけて離さないような不思議な力」を持っているのは、確かに感じ取る事ができます。なので皆様!是非他のハヤテブロガーの皆様の記事を読みましょう!文章表現による個人差もあります。しかし、それ以上に、人によって視点が全く異なり、それだけ多くの潜在能力を秘めているのを実感する事ができるでしょう。通常の少年漫画・ネタ作品・キャラ萌え・ラブコメ・重厚な物語など、主眼点の違いが戦力の決定的な差ではないという事を、教えていただけることでしょう。

たかが漫画。されど漫画。
ハヤテのごとく!には、多くの要素が秘められています。
そのどれに価値を見出すかは人それぞれです。
いつかこの作品が、世界中を席巻する日が来る!
そう信じて、ひたすら記事を書き続ける毎日です・・・。
[ 2007/05/22 12:38 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(2)
訪問ありがとうございます♪
ハヤテのごとく!って人気あるんですね~。
私は一話しか見たことがないのですが…。
また遊びに来ます!
[ 2007/05/22 18:06 ] [ 編集 ]
雪白さん、はじめまして。

>ハヤテのごとく!って人気あるんですね~。

・・・人気あるんでしょうかね?他の作品に無頓着なため、一概には比較できませんし。もし機会があれば、見てみるのもいいかもしれませんよ。各所の感想なども参考になるかもしれません。

コメントありがとうございました。
[ 2007/05/22 18:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。