ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく!359話感想 

 感想です。普通です。


 今週のハヤテは、西沢さんが将来の目標について思いを馳せるお話でした。


 そんなわけで、担任の先生っぽい方から将来について質問されると、とりあえず「ミュージシャン」と回答する西沢さん。この発想にいたる時点でおよそ普通ではないと思う一方で、当時を思い返すと、むしろこういう非現実的な夢を思い描くほうが普通の感覚には近いのかもなと。
 しかし、西沢さんのミュージシャン発言は十中八九雪路の影響だとは思うのですが、当の西沢さんはどの程度ミュージシャンを目指す上での練習をしてきたのかは気になります。雪路についても西沢さんについても情報不足なのでハッキリとはしませんが、これまでを観る限り周囲に賛同者というか一緒に活動しそうな人がいませんでしたし。まあ、2人とも雰囲気的にはシンガーソングライター志望っぽい気もしますけど。

 そんなミュージシャン・西沢さんはハヤテのお嫁さん的願望も持ち合わせているようで中々にアレな妄想をしつつ我に返るとハヤテが目の前にいるお約束展開なのですが、西沢さんから出た言葉は「一生貧乏でいて」というもの。まあようするに、これまでどおりのハヤテでいてほしいというのが西沢さんの願いなのでしょう。それは不幸のままでいることに他ならないのですが、そういう中でも強く優しくありつづけるハヤテを西沢さんは好きになり、その隣に居続けたいという思いも強いのかなぁと。

 そして、ハヤテの貧乏さをカバーするにはお金が必要ということで、今現在金持ちではないナギに相談。そうこうする内に同人誌の話になり、それを褒めたりしてる内にお前は卵を取り出す才能ががあるかも的な話をナギにされた西沢さん。つまり、西沢さんは第2のルカを生み出すアイドルマスターのプロデューサー的な存在になれるとか、伝説のモンスターマスター・テリーになれるとかそんな感じ。
 ただまあ、以前どこかの記事で西沢さんによってナギやヒナギクも新たな魅力を引き出されているというようなことを書いた記憶があるように、西沢さんの存在は他のキャラの新たな側面を呼び覚ます上で重要だとは思いますね。そして、西沢さん自身もそういった体験を通じて確実に成長してきているのが分かりますし。

  
 ところで、話の中でナギが今後の同人誌について展望を述べてましたが、主人公がナギ型になるとして、死にたくなるほどの出来事というのはどんな内容なのかなぁと。ハヤテは本当に死にそうになってるとか、マリアさんはある意味1度死んで三千院家の人間として転生したようなものとかそういうのはともかく、ナギにとっては肉親との別れとかでしょうか。まあこの作品ではそうブラックな話題が前に出ることもないので、オタグッズを失って死にたいとかそのレベルに留まるかもですが。
[ 2012/04/18 21:27 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。