ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

名作になり損ねた「スーパーボンバーマン5」 

 ハドソンの人気シリーズである「ボンバーマン」。
今回は、その中でもスーファミ末期に発売された
「スーパーボンバーマン5」について語りたいと思います。
(1997年発売は、スーファミのしてはかなり後期)

 爆弾を操り、悪をくじく正義の味方(?)ボンバーマン。
そんな作品ですが、ボンバーマンで最もメジャーなタイトルといえば、
おそらく「スーパーボンバーマン3」ではないかと思います。
しかし、私にとってはこの「5」こそが最高傑作ではないかと
考えています。

 3、5をともにプレイしたことのある人なら分かると思いますが、
基本的に5は3のシステムを周到しています。そのため、人によっては、
5は「3の真似をしただけの作品」というイメージも付きまといます。
しかし、5は3以上に細部まで丁寧に作られていて、非常に完成度が
高い作品といえます。

 ゲーム内容も、ストーリーモードは奥が深く、やりこみ要素がありま
す。また、対戦モードは対戦方法・ステージともに充実し、長く楽しめ
るゲームに仕上がっています。「マニアックモード」でアイテムや初期
条件を自由に設定したり、隠しパスワードで一風変わった対戦形式を
味わったりもできます。

 「3」はもちろん面白い。でも、「5」も当然面白い。
いえ、「ボンバーマン」はどれも爽快で面白いのです。
皆さんも、爆弾片手に、爽快バトルを楽しんでみませんか?


総プレイ時間:200~250時間?

[ 2007/03/15 19:18 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター