ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく!358話感想 

 遅れたのは特に理由があるわけではなく、記事を公開するのが面倒だっただけという・・・そんな感想です。内容はアレです。


 そんなこんなでにルカに自転車を教えるコーチモードに突入したハヤテですが、そもそもハヤテって人に教えるのが得意なのは何故なのかと気になってみたり。作中内でこそ人に何かを教える機会はそこそこありますが、地位というか立場的には世の中の最下層に近かったであろうハヤテが人に教える機会があったかどうか。

 過去にアーたんからの教育は受けてますが、私はあれがかなり特殊な事例だと考えてまして、ハヤテの能力の多くは独学なのかなぁと。もちろんハヤテ父に怪しい技を仕込まれた経験もあるでしょうけど、それこそ文字通り命を張って経験を積んだからこその今があると思いますから、それを他人に適用できるかどうかが難しいところです。ただ、大人社会にもまれ続けたことで、おそらく人間観察力が抜きん出ている(命の危険を察知する能力等も含めて)ので、相手に合わせた教育方針を提供できるのがむしろ強みなのかもしれません。

 それともう1つ思ったのが、ハヤテ自身が受けた教育って、たぶんスパルタしかないんですよね。アーたんにせよハヤテ父にせよ、生ぬるい方法を取るなんて100%あり得ないですし。ハヤテの優しやとも生ぬるさともお人好しとも取れる性格は、その辛さを知るがゆえの行動なのかなと思いますし、一方で厳しい教育方法よりも優しい教育方法が不得意なのかもしれません。

 
 ルカに関しては特に言うことないかなぁとは思いつつも、1つだけ。何と言いましょうか、当初想定してたルカのイメージとは違い、イマイチ作中で埋没しかねないポジションなのではと危惧してます。売れっ子アイドルというポジションに対し、周囲の知名度や扱い的にピンとこないという話は何度もしましたし、運動能力や頭の出来も本来いい・・・とは言ってるだけで作中の描写だけでは一切伝わらず、割と努力してるなーという感じはあるけども、それについては普通レベルの西沢さんやワタルの方が際立つのは言うまでもなく。キャラ自体ある程度事前に練っていた場合はそういった発言をするのに、ルカに対してはほとんど言及がないあたり、勢いで生み出されたが故に色々継ぎ接ぎだらけというか設定付けが1人歩きしてる印象です。



 まあそれはそれとして、先週の感想でも書いたように、このルカの自転車お勉強編は1話でも完結させられる話だと改めて思いましたね。内容的には1.1~1.2話程度のものを、付け足し付け足しで何とか2話に拡大させているといいますか。ハヤテは話自体も面白く、キャラクターも魅力なわけで、あとは連載を続ける上での制約が結果として微妙な間延び感につながっている気がします(話毎に13ページにしたり20ページにできるならこうはならないと思います)。

 何はともあれ、自転車エピソード重要説が現実味を帯びてきたという意味では中々に考えさせられるお話でした。
[ 2012/04/14 07:45 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(2)
今回の話で、なんかルカと主要キャラの成長は切っても切れない関係になりそうだなと思いました。
今回については将来ハヤテがスパルタ教育に目覚める伏線になりそうだと思いました。ハヤテはまだスパルタ教育をするには経験が足りませんが、スパルタ教育の技術は野々原のような一流の執事になるにはほぼ必須。今回のように心を鬼にして指導できたのはハヤテの成長には欠かせない経験だと思います。
また、ヒナギクもルカから地味にいい影響を受けていると思います。ルカの漫画の手伝いは読者の思っている以上にヒナギクの心・精神を研ぎ澄ましたのではないのでしょうか。ヒナギクは協力する相手のしてきた努力に比例して自然と頑張ってサポートする性質があります。ヒナギクにとって、ルカのように小さな頃から一つの事に努力し、モノにしてきた女の子を全力でサポートするということはあらゆる誘惑(ハヤテの存在も含む)に打ち克ち、相手の分野で自分ができる事自分の能力を活かす方法を分析するということを日常のそれの比じゃない集中力でやることです。ルカ編の前ではヒナギクがこういった方面の経験を積む特別な機会はありませんでしたがヒナギクもまだまだ発展途上です。この経験を積むことが将来に影響するのではないでしょうか。

これらはルカの設定が渋い感じに働いていると思います。ルカの性格や生い立ち、借金設定がハヤテやヒナギクの通常外の行動を引き出しているように見えるのです。なんとなくですが、これがハヤテやヒナギクの将来の成長に繋がるのではないかと思います。

また、ルカ本人ですが、個人的にはヒナギクと仲良くなって存分にモノの考え方や人生観とかを交換して貰いたいなと思います。そして大スターとしてドラマチックな経験を積み、通常プレイでは時々会いにきてくれるヒナギク並に魅力的な人間性と風格を兼ね揃えたサブヒロインになってくれることを祈ります。
[ 2012/04/14 22:23 ] [ 編集 ]
>ミヤザキさん
確かに、ルカについては本人の成長という点で見ても、周囲への影響という点で見てもかなり可能性を秘めているのかなぁとは思っています。

ハヤテのスパルタ面やヒナギクの精神面等にどう影響を及ぼすかは中々想像しにくいところではあるものの、ルカの存在がこの2人だけでなく、様々な意味で雑念を振り払うキッカケにはなりえるのかなと。なんといいましょうか、ルカの真っ直ぐで純粋な性格は、ハヤテ世界の中でも貴重かつ重要でしょうし。

一方でルカがどうなるかはより未知数ではあるかもですね。アイドルと同人を今後どう両立させるのか、或いは最終的にはどちらかに傾くのかも見えて来ませんし。

コメントありがとうございました。
[ 2012/04/25 19:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。