ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新作は過去作のモチベーションを下げるかもしれないというお話 

 第2次スーパーロボット大戦Zの再世篇が発売されたぜー何だかんだで買うぜーなノリだったのはまあいいんですけど、気がついた時には破界篇を再びプレイし始めていた今日この頃。

 かつてのスパロボFとかもそうだったんですけど、こういう2部、3部構成みたいなゲームの場合、後から出た作品はボリューム面やらシステム面やらで前作を上回ることが多く、どうしても前作をプレイする機会が激減してしまうわけで、だったら新作やる前にやり残したことがないかもう1度確かめたくなるんですよねというお話。
 スパロボの場合は引継ぎ要素等もあるので尚更なんですけど、仮に引き継ぎ要素がないただのシリーズものだったとしても、気持ち的には新作に向くのが人の性。私としては、前作のゲームとしての寿命を縮める、場合によっては完全に息の根を止める結果にもつながりかねないので、その辺については割と慎重なスタンスです。

 これまで多種多様なゲームを楽しんできましたが、余程ゲームとして自分のドツボにハマり続けるか、もしくは思い出補正の強すぎるゲームでも無い限り、過去作は過去作として埋もれます。それは当たり前ではあるのですが、もしかしたら新作に手を出すのを少し遅らせていたら、もっと長く深く過去作を楽しめたのではないか・・・と思うゲームも数多くあります。


 ここまでシリーズ物の話をしてきましたが、これは別にそういう物に限った話ではないんですよね。
 
 世の中では積みゲーと言われる所業(?)が行われているようですが、私はこれまでの人生で積みゲーの経験がありません。ゲームは大好きなのですが、本当にプレイしたくて仕方がないゲーム以外は発売日すぐに買うことは少なく、過去作をしっかりやり尽くした上で新作に臨むことが多いのがその理由だとは思っています。

 前述したように「本当にプレイしたくて仕方がない」ゲームなら、仮に多少遅れてでもプレイすると思うのですが、ただ単に「欲しい」ゲームなら、手に入るまでの時間を堪能し、実際に手に入ったことで満足してしまうことも多い気がするんですよね。ゲームというグッズなりお布施に手を出しているパターンといいますか。

 それで十二分に満足できる人ならそれでいいと思いますし、そもそも自分が買ったゲームをどう扱おうが自由だとは思います。ただ、ゲーム好きの身としては「実際にプレイして楽しんでこそ」だという考えですし、まずは現在手元にあるゲームのことを思い浮かべ、やり残したことはないか?未クリアの作品はないか?本当に新作を買っても問題ないか?などと自問自答・・・するほどゲームは高尚な趣味ではないのもまた事実なのですが、新作の購入は過去作のモチベーション低下に繋がるかもしれない、ということだけは念頭に置いておいても良いのかもしれません。

[ 2012/04/06 22:08 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。