ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテの108話を読み返してみて 

 ハヤテの108話といえばコナンサンタの回なのですが、久々に読んでみると中々に考えさせられるなぁと。


西沢さんに対する反応と、西沢さんの反応
 かつて咲夜にあててんのよ状態にされた際には完全にノーリアクションだったハヤテが、西沢さんに同じようなことをされたこの話ではこう・・・強烈に意識してるというか感じてる(?)というか。これが「年下が恋愛対象にならない健全な主人公」補正なのか、西沢さんに告白されているという状態が想像以上に効果が大きいのかは判断しかねますが。

 一方で、夢の中なんだから積極的に!といってあててんのよしたけど我に返って恥ずがしがる西沢さんなのですが、157話あたりで夜の潮見高校に潜入した際にはシチュエーションが整いさえすれば抱きつける的な発言をし、ミコノスではまあ・・・丸裸状態見られるハプニングがあれば、自分からキスをするシーンまであり、徐々に過激になりつつあります。ハヤテという作品自体にその傾向は見られるものの、明らかに西沢さんのそれだけ急加速してるのは中々に考えさせられるところです。

 まあ実際、西沢さんが一方的に淡い恋心を抱いていた初期の状況とは様変わりしているんですよね。ハヤテはハヤテで、意識してるのもありますし、なんというかリードされてるといいますか、ほとんど西沢さんペースで進んでいるなぁと。

 思えば、ヒナギクがハヤテのことがスキだと西沢さんに告げた際、当の西沢さんはハヤテを「口説き落とす」と発言していましたから、その信念を貫き続けた結果が確実に形になってきているんですよね。誰かが指摘していましたけど、西沢さんを中心に見るとラブコメ以外の何物にも見えないというのも頷けます。

 ただ2つ決定的に違うのは、ハヤテのごとく!では西沢さんはサブヒロインの1人でしかないこと、そして157話でハヤテが「もしあのまま潮見高校に通い続け、西沢さんに告白されていたら・・・」と回想しているように、あの時点で西沢さんを中心としたラブコメはある意味ピリオドを迎えてしまっているということ。それでも西沢さんは絶対に諦めない、西沢さんのラブコメは終わったかもしれないけど、西沢さんの物語はこれからもずっと続くわけで、そこがまた面白いなと。

 後半は108話とほとんど関係ない話になりましたが、ようは西沢さんの変化も、周囲の西沢さんに対する変化も見ていて飽きないなというお話でした。

[ 2012/03/30 20:39 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。