ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

田中多労(2回目) 

 今回もお気に入りの田中多労(本物)動画を紹介するだけです。読むな!




 人類には早すぎるランキングにも載った名作中の名作ですが、やはりそれだけの魅力が詰まっています。

 冒頭、そらに向かって飛翔する田中多労氏ですが、ポイントは空に発射するその瞬間。まっすぐ伸びた腕、足、背筋があるからこそ、発射の美しさもまた際立っています。それでいて、出だしのキレの良い動きが躍動感を表しており、これから空をとぶんだ!とぶな!!とツンデレ的でありながらも力強い想いをも引き出してくれるわけです

 空を飛翔し始める田中多労氏ですが、ここで急に円を描くような動きをします。ただ飛ぶのではないのです。多労ファンクラブの人たちが見てることを頭で理解し、「魅せる」ことを大事にした結果がこれなのです。大きく円を描いているのは、どんなポジションにいる人にもその姿がハッキリ見えるよう意識して動いている証。飛翔という人類の夢を世界中の人々と共有したいというシンプルにして究極なる理想が、これら一連の動きに凝縮されています。

 そうするうちに、プルプルしながら墜落しておく田中多労氏。このプルプル具合は文字通り「プッチンプリンくん」そのもの。ただ人にその姿を見せるのではなく、あくまで田中多労氏らしい、田中多労氏だからこそできるパフォーマンスをもって期待に応える。そうして全ての行程を終え、人々を不安にさせないよう安全に着地しやすい姿勢に切り替えつつ地上へ・・・最初から最後まで、妥協を許してはいないのです。


 そんな動画の流れをぶった切るように・・・

 奇跡を~~僕らは見つけたぁ~♪と歌いだす仲邑飛鳥氏。


 田中多労氏のパフォーマンスも、この2人の出会いも、そしてそんな素晴らしい動画を出会えたこともすべて奇跡。私もこの動画を見終えて、このような奇跡に出会えたことを心から嬉しく思い、また作者と素材の皆様にも感謝したい思いで一杯です。
[ 2012/03/30 08:01 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。