ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

工作 

 はい。


 ・・・ということで、ニコニコ動画における「工作」、ようは再生数やマイリスト数を作為的に増加させてランキングに載せる手法を指す言葉なのですが、私はどんな工作であっても受け入れられる気がしないと思ってます。
 

 ツイッターとかを見てると、肯定派、黙認派はいても、否定派に関してはあまり見かけることがありません。私がニコニコに関して唯一絶対好きになれない要素がこれなのに、実態はそれとは相反しているようで、何か自分の判断が間違っているのではないかと思い直そうとすることも何度かありました。

 ですが、この考え方だけは絶対に譲れないのです。そのせいで荒れてしまった好きな動画がいくつもあったこと、それによって作者としてのモチベーションが著しく低下した動画投稿者さんがいたこと、そして、そうやって上がった動画のためにランキングに載ればかった数多くの動画のことを思うと・・・。

 最近では私のようなアレな人間も含めて認めさせたいというか批判する隙を与えないようにしているのかよく分かりませんが、明示的に工作であることが分かるような対象動画を選び、またその上昇ぶりも常軌を逸していることも少なくありません、もしくは自然な上昇を装って「そこそこ伸びそうな動画をそこそこの工作し続けてランキングに載せる」こともあります。
 まあどちらも昔からあったといえばそれまでなのですが、1つハッキリしているのは「どっちにしたってろくでもない」ということ。ゲームの売上をちょろっと捏造するなんてものとはわけが違っていて、前述したように工作する以上はその犠牲も伴うわけです。マイナス面以上にプラス面が出れば最終的には良いだとか、工作批判コメが掻き消えるくらい伸びれば済む話とか、良い動画は伸びて然るべきだとか、そういう目線にそもそも疑問を感じずにはいられません。

 利がいくらあろうと、害があるならば・・・いや、害がある可能性がある時点で工作は工作でしかないと私は思います。できることなら、私のような意見が自然なものとなり、工作も自然消滅し、ランキングがランキングとして機能するニコニコに・・・なることは「工作が技術的に100%不可能になる」でもない限りありえないでしょうということで、チラシの裏的なノリで書いてみたというお話でした。
[ 2012/03/30 07:27 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。