ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

やっぱり武具はそのキャラ固有のものがいい 

 RPGでは昔以上にキャラの個性が重視され、良くも悪くもキャラクター色が強まっている印象があるのですが、一方で武具は無個性の方向に着々とシフトしつつある気がしていて、個人的には少しばかり残念な思いもあります。

 例えば武器に限定して話を進めると、今はどこかで聞いたようなありふれた名前が採用されることも多く、ミスリル何とかとかなんちゃらソードとか、ある意味登場する前から予想できそうなものが揃っています。
 ただ、個人的に武具への愛着はかなり大事だと思っていて、それが最近のRPGに対する数少ない違和感の1つだったりもします。もちろん冒険を進める度に強力な装備に出会え、お金に苦心しながら欲しい物を手に入れ、そして強くなった時の感慨もまたひとしおなのですが、それ一辺倒である必要もないのかなと。

 Gジェネ的発想ではないですけど、愛さえさればどれでも最強にできるくらいのバランスもまた味があっていい気がするんですよね。もちろん、元が強力であればあるほど容易に強化しやすいとかある程度の差別化は必要でしょうけど、一部武器に採用されることがある「敵を倒した数だけ強くなる」的な要素をうまい具合に武具の育成要素に取り込むこと等でも、幅が広がる気がしますし。

 最近の事例だと風来のシレンとかがそうで、武器ごとに限界があるので最終的にはマムルの剣だとか秘剣カブラステギとかを選ばざるをえないので、個人的にはスーファミ時代のように「カタナ+99」みたいなのにしたいなぁとか、それが難しいならリメイクなどで見られた「青銅の盾改」みたいな上位武具を登場させるなどの対応があってほしいなと。

 武具への愛着が強いのは、ドラクエやナイトガンダム物語など、割と固有の武器が登場するRPGをよくプレイしていたのが影響しているのかもしれません。他にも桃太郎伝説など、ひらたく言えば勇者的な誰かが仲間と共に世界を救うRPGには固有の武具が当たり前のように登場していたため、他RPGにも多少なりともそういう面も求めているといいますか。まあそれをするとゲームの自由度が落ちる面もあるので、キャラ固有というよりは作品固有の武具が出てくるのが1番いい形なのかなと。

[ 2012/03/11 14:37 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター