ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

第3回ニンテンドーダイレクトの視聴感想 

 たぶん3回目だったかなーということで、その感想でも書きます。


 今回は目新しい情報というのがあまりなかった印象がありますが、その分1つ1つのタイトルを丁寧に解説していた印象があります。

 個人的にまず気になったのが、「新・光神話 パルテナの鏡」。正直シューティングゲームとしての要素が強いため私向きではないと思いますし当面は様子見になりそうですが、単純な完成度という話でいえば3DSソフトの中でもトップクラスに感じられるほどの詰め込みぶりでしたね。映像、操作性、やりこみ要素はもちろんのこと、岩田社長自身が話していたように「3DSの機能をあますことなく」詰め込んでいて、一切の妥協がない傑作になりそうな予感がします。自分のようにシューティング耐性がないという人でなければ、かなり楽しめそうです。

 他では、マリオテニスオープンという新作も気になる所。マリオテニスは一応64とGC版はプレイ済みですが、どちらもがっつりやるということでもなかったんですけど、今回はWi-Fi対戦可能という点も含めて食指が伸びるかも。今年5月という発売日も、ちょうどその辺りでタイトル不足に悩まされそうな予感がしますしね。
 悩み中のタイトルとしては、世界樹の迷宮4・伝承の巨神というのもありましたね。アトラス製のゲームは何となく肌に合わない感じがキャラデザイン的にもシステム的にもゲームバランス的にも感じてはいるものの、1度くらいは触ってみたいという思いがあるのもまた事実。
 テリーのワンダーランドのリメイクについては、思い入れの度合いだけでいえば文句なしのレベルですが、いかんせんシステムがジョーカー仕様なのが・・・あれのせいで大好きだったモンスターズシリーズかた距離をおいたわけですし、これもまた様子見でしょうか。


 購入がほぼ確定しているのは、ルーンファクトリー4。ニンテンドーダイレクトでOPムービーのみというのが不安を煽りますが、まあ最近はマーベラスAQLのゲームも出来が少しばかり安定してきましたし、致命的なバグさえなければ・・・。
 それと、ザ・ローリング・ウエスタンというダウンロードソフトが密かに興味アリ。本日から購入可ということなので、今現在プレイ中のゲームが一段落したらダウンロードしようかなぁと。世界観にせよゲームシステムにせよ一癖有りそうなので、プレイヤーを選びそうな予感もしますけど。


 こうして書きつらねながら思ったことがありまして、どうも今年の3DSソフトは興味はあるがとりあえず待ちというものが多いという・・・どちらかといえばいい意味で悩んではいるんですけど。まあそれだけ個性豊かなソフトが揃いつつある証拠でもありますし、これからも3DSの展開を楽しみに見守っていきたいところです。

[ 2012/02/22 21:21 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター