ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルーンファクトリーオーシャンズのプレイ感想 

 まだクリアまでたどり着いていませんが、とりあえず50時間弱プレイした時点での感想です。


 元々キャラゲーメーカーとしての実績があるためか、やはりキャラクター面についてはしっかり個性があって良かったかなと。相変わらず(?)ギャルゲー的雰囲気が強く人を選ぶ印象がありますが、ある意味そこさえ乗り越えられればキャラクターへの愛着もわき、自然とハマれるのかも。

 戦闘面もシンプルながらしっかりしており、ルーンファクトリーシリーズの良さが感じられました。モンスターを仲間にして戦えるシステムも採用され、レベルをあげることで強くもなるのでやりこみ要素も十分あります。ただ、敵の体力が高く、過去作ほどの爽快感がないこと、また主人公以外の人間キャラが戦闘に参加できないことなどちょっと残念かなーと思う点も散見されましたね。

 ストーリーはあるようなないような微妙な・・・まああくまでキャラクターの魅力を引き出すためのストーリーで、ストーリーそのものに引き込まれるほどの魅力がないのは本シリーズの宿命というか仕様みたいなものなんですけど。

 しかしそれ以上に最大の問題は、システム面が基本同じことの繰り返しになってしまい、進化を感じられないことですね。技術というよりは発想の問題だとは思うんですけど、例えば「ひたすら戦闘をしたりアイテムを製造してスキルアップ、その際消費するものも基本MPみたいな同じステータス、スキルアップの効果はステータスアップ」だとか、「ひたすら会話を重ねたり好きなモノをプレゼントすることで好感度を上げ、それによって多くのイベントが見れる」だとか。

 本当に少しでもいいので、このワンパターン化しすぎた路線を変える必要があると思うんですよ。あまりよい喩えではないですが、それこそ「鍛冶スキルがステータスやアイテム作成だけでなく、伝説の武器に関するイベントにも絡んでくる」とか、「好感度の上昇が会話やイベントだけでなく、仕草や一日の行動範囲にも影響を与える」とか。
 戦闘システムもアクションRPG視点で考えてまずまずの出来なので、テイルズやスターオーシャンのような技や魔法の概念をもう少し練りあげてみるのも1つの方法ですし、ちょっとアクセントを加えるだけでも作業感の強さに一石を投じることになるんじゃないかと。

 今のルーンファクトリーのシステムやゲームバランスは実に私好みでそれはそれで素晴らしいんですけど、これからシリーズの存続、それこそ企業としての将来まで考えるなら、「女の子を主人公にして男と結婚できる!」「イベントシーンの追加!」みたいなどこぞのRPG大手企業が考えそうなアレな追加ではなく、いくらでも良いアレンジがある気がしてならないというのもまた本音です。まあこの辺は風来のシレンやパワプロクンポケットシリーズにも通じてくる話なんですけど、まあそれはそれとして・・・ルーンファクトリーオーシャンズはシリーズならではの良さはそのままに、シリーズならではの問題点も解決されないままの内容だったなというのが総合的な感想です。Amazon評価なら、面白さ☆5、おすすめ☆3、みたいな感じかも?
[ 2012/02/11 12:07 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。