ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

中古ゲーム市場に対する考えのようなもの 

 新品ゲームも中古ゲームも頻繁に購入する立場として、少し自分なりの考えを書き綴ってみます。


 まず結論から言えば、私は中古ゲーム市場は必要不可欠であり、必要悪などと悪者呼ばわりされる要素はほぼ皆無だとすら思っています。

 難しい問題についてあえてシンプルに書きますが、中古市場があるから気軽に新品ゲームが買えると考える自分のようなタイプはそれなりにいても、中古ゲームがあるから新品ゲームを買わないというタイプはほとんどいない気がしているんですよね。
 欲しい物は新品で買い、欲しくないゲームは買わない。中古と新品で対して値段が変わらないなら新品を選択する、レトロゲーと呼ばれるソフトはもちろん中古。新品で買ったけどあまり遊べそうにないと感じたゲームやプレイし終えたゲームを売り、また別の新作に手を出す。個人的にはごく普通のサイクルだと思いますし、むしろ中古がなければ本当に大好きな一部のシリーズ物以外は躊躇してしまうと思います。まして、1本あたりの値段がそれ相応にするのがゲームというものですし。


 ここからは少し違う観点から。

 CDや本などと違いソフト単価が大きく違うという指摘に対しては、映像や音声のレベルアップに走り、コスト面を考慮しなかったメーカー側の落ち度以外の何物でもないわけで。ユーザも多かれ少なかれそれを望んでいた面もありますけど、仮にその方向性に合わせるなら、ある程度コスト面や業界構造を維持できる範囲で進化を続ける選択をすれば良かっただけだと思うんですよね。少なくとも、技術競争はゲーム業界の主にはなりえないわけですから。

 中古市場が著作権侵害に寄与しているという指摘に対しては、そもそも著作権侵害の問題はネットでの違法ダウンロードが大多数であって、中古市場とはあまり関連性がないはずです(しいていうなら、最初に違法ダウンロードできる環境を整えるにはゲームを買う必要がありますが)。まあダウンロードのみになれば中古市場は確実になくなり、ゲームの購入分がそのまま制作側に入るのは間違いないんですけど、問題はそれで業界が成立するか・・・スマートフォンに絡む一連の流れをみれば可能そうにも見えますが、それは今の利益構造とスマートフォンの勢いが両方「長期的に」維持できることがポイントなんですけどね。

 中古という概念が存在せず、違法ダウンロードも横行せず、メーカーも利益が出るゲーム業界の構築・・・という話になると、現状では例のソー何とかゲームがこれにあたるわけです、残念ながら。ただ、ダウンロードソフトは安いから気軽に買えるか、もしくは大好きなメーカーやジャンルものだから迷わず買えるかのどちらかが成立する必要があり、そうすると少なくとも今現在のような家庭用中心の中小規模メーカーはよりつらい立場になる気がしていまして。
 まあそれはそれとして、中古ゲーム市場は多くのプラス効果を業界にもたらしていると思うんですが、一部の人が言うほどマイナス効果はない、というよりほとんどない気もするわけで、私としてはこれからも新品と中古品それぞれでゲームが楽しめる構造であってほしいなと。もっとも、違法ダウンロードができなくなり、今の技術競争に拍車がかかったかのような構造がどうにかなりさえすれば、それも実現可能なはずなのですが・・・それができないのがゲーム業界の悲しい性なのだろうなと改めて思う今日この頃。
[ 2012/02/11 10:54 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター