ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

水蓮寺ルカの新曲について 

 水蓮寺ルカの新曲「僕ら、駆け行く空へ」の歌詞が何となく気になったので、少し書いてみることにします。

 ふと思ったのは、これがルカがナギやハヤテと出会った後で作詞した曲だったら面白いなぁということ。夢と現実~のくだりはもちろんアイドルと漫画家(同人作家)という点に帰着していて、目指すものはもちろん目指すしそこにブレはないだろうけど、果たしてそこに実現可能性がどの程度あるのかなども考えると、決断をくだしきれない自分がいるんじゃないかなーと。
 ただ、この曲の歌詞は全体的に前向きですから、例え迷おうとも、決断を下せる段階になくとも、少しでも前に歩みを進めようというルカの強い意志も感じられるんですよね。それは、迷うと歩みを止めがちがハヤテのごとく!の登場人物たちの中でも一際輝いているとも言えますし、作中内でこのメッセージが何らかの形で各キャラに伝わることで話が動いていくのもありじゃないかと思った次第です。

 一方で、ハヤテに恋愛感情のような何かを抱いている点も歌詞に込められており、それもまたルカらしさという気がしています。それこそ、ハヤテへの思いも含めて曲に込めたいから、初めて作詞を志願したとか、劇場版で出てきた夏イベントに不参加だったのも単純な忙しさだけでなく、この曲に全力を尽くしたいがゆえに自ら仕事を忙しい状態に追いやったとか色々考えられるんじゃないかと。ルカが疲労で倒れたことからも分かるように、おそらくルカは中途半端を嫌う性格ですから、夏の残された時間でできることは少ないと考え、最終的に選んだのが新曲への全力投球という結論だったように思えてならないのです。

 実際の所どうなのかと考えるとそういう裏背景はないかなぁという思いもあるにはあるのですが、少なくとも私にとっては、これまでのハヤテ関連曲の中でも1番妄想が膨らみ、かつ現実味もある気がしたというお話でした。

[ 2012/01/04 18:04 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。