ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガンダムゲーのあくなき挑戦 

 今年はガンダム関連のゲームをそれなりにプレイしましたけど、総じて意欲的な挑戦をした作品が多かった印象があります。

 新ギレンの野望は13年越しでSS版ギレンの野望のシステムを踏襲したものになっていましたし、ガンダムメモリーズは操作性やシステム、ゲームバランスにいたるまで既存のガンダムアクションとは大きく違ったものに仕上がっていました。そして、Gジェネレーション3Dはスパロボ的な要素を取り込むだけでなく、前述したメモリーズ同様変更点が数多く見られました。

 そして、その全てをプレイした身としては・・・やっぱり改革には痛みが伴うものだなぁと。クソゲーと断言できる内容ではないもの各所に作りの粗さが目立ち、多くのユーザがこうすればいい、ああしないのは理解出来ないという共通の問題点がいくつも浮かび上がってしまう出来栄えだったわけです。

 ただ、個人的にはいずれにおいても価値ある挑戦になってほしいなという思いもあります。ギレンの野望、Gジェネ、ガンダムのアクション系ゲームはどれも多くの年月をかけ数多くの作品を生み出してきたガンダムゲームの柱ですから、当然ワンパターンになりやすいのもまた事実。ある意味問題点はハッキリしているわけですし、これを契機によりよいガンダムゲームが開発・発売されるのを願うばかりです。

 もっとも、意欲的な挑戦とはいえ、もう少し時間をかければ、テストプレイをちゃんと重ねていれば直せたであろう箇所が多いので、製品化する以上はベータ版じみた作品になるのは極力避けて欲しいものですが・・・その辺はオンラインゲームとコンシューマー向けゲームの大きな違いの1つでもあるでしょうし。

[ 2011/12/31 11:28 ] ガンダム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。