ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく!349話感想 

 忘れない内に・・・。


 今週のハヤテは、続ラーメンロシアということで、ラーメンに関してあれこれ語ったり食べたりするお話でした。

 ナギはラーメン広告を見るやいなやラーメン食べたいと叫びだしたわけですけど、他のものはともかく食に関しても同様の反応を示すというのは中々に考えさせられるなぁと。なにせ普段の料理人がハヤテとマリアさんなわけですから。
 とはいえ、やっぱり外食ならではというものと家庭料理ならではというものもありますからね。ラーメンは前者の代表例ですし、ジャンクフードを表現されるものも基本的には前者に入るでしょうし、一方で肉じゃが的なものとかは基本後者に分類されるでしょうし。それに、ハヤテとマリアさんのレベルが高すぎる&そもそも外での活動に消極的なことも踏まえると、外食そのものの新鮮味というのも外食の魅力を引き立てているんじゃないかなぁと、同じく外食をほぼ利用しない自分としては思うわけでございます。

 一方でヒナギクの抱くラーメン像は、雪路がかつて作っていたインスタント的なもののようで・・・まあ、インスタントラーメンは貧乏人の味方ですよ。でもまあ飽きるのも早いので、そこはいろいろ工夫が必要なわけで、まあそんな幼少期のアレな食事を経験し、その反動かどうかは分からないですが姉の雪路は酒におぼれ、妹のヒナギクは料理上手に育ったわけで、貧困な食生活のその先どうなるかは結局人それぞれなんだぁなと。まあ理想はヒナギク型とはいえ、現実を見れば雪路型が多いんじゃなかろうか考えると、現実って残酷だなとつくづく思います。

 結局、うまい具合にマリアさんを誘導してラーメンにありつくナギご一行。・・・で、これは例のラーメンロシアなハヤテ関連商品が売れなかったからテコ入れなのか、それとも意外と売れたから原作でも再登場させまた新商品の展開が始まるのか、あるいは特に意味はなく話を出したのか・・・まあそこまでグッズを意識してるとは思えないですけど、急に懐かしい名前が出てくると何者かの見えざるパワーというか影響があるんじゃないのかなーと邪推したくもなるわけですよ、モブキャラ派としては。

 
 そんなわけで、DSのお嬢様プロデュース大作戦にナギナギランドが登場してたので、あれの反響が良ければ案外ケレ・ナグーレちゃんら森の妖精たちがカムバックする可能性もあったのかもなーと少し思ったりもしたのでした。
[ 2011/12/17 10:13 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター