ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニコニコアニメスペシャル「とらドラ!」の視聴感想 

 先日、ニコニコ生放送でとらドラ!の全25話一挙放送があったので、何となく観てみた感想です。


 このアニメを観た感想は過去にサブブログのどこかで書いた記憶があるのですが、やはりいま見ても色褪せない、むしろ今まで以上に感動し、考えさせられるものがありました。

 このアニメ、私が好きな作品として最も重要なポイントの1つである「主要キャラの誰もが魅力的」という面を見事に満たしているのが何よりも素晴らしい。割とシリアスな展開が多く、一歩間違えばドロドロなドラマになりかねないはずが、5人の優しさと眩しさがそんな雰囲気を一蹴してくれていて、毎回毎回がクライマックスかのような構成になっているんですよ。

 ここだけの話、このアニメを見ていて1度だけ泣いてしまったんです。クリスマス回で大河が竜児の名前を叫び、それを目撃してしまうみのりんというその流れに・・・そして、それは初見の際にも確か同じタイミングで泣いてしまったんですよね。
 我ながら、アニメごときでよく泣けるなぁと思いますし、このアニメ以外で泣いた試しはないんですけど、それは言い換えればこのアニメの破壊力が他の追随を許さないものだからなんだろうなと。優しさのかけ違い、微妙なすれ違い・・・安直な言葉を使うなら、切ないんですよ。そういう言葉がサラっと出せるくらいには、このアニメがほんとうに素晴らしいと心の底から言える気がします。

 総括すると、キャラクターのためにストーリーがあるわけでも、ストーリーのためにキャラクターがあるわけでもなく、ここしかないというくらいの絶妙なバランスで双方が活かし合っているように思います。話によると、とらドラ!原作にあたるライトノベルの話をかなり凝縮してアニメにしているらしいので、その密度の濃さが常にクライマックスな展開を成立させているのかもしれません。

 考えてみれば、最近よくあるオタク向け作品的な何かという枠で見ると、ここまでハマったのはたぶんハヤテのごとく!以来なんじゃないかと。まあ、ハヤテのごとく!に対する印象としては原作最高!アニメも良し!くらいのノリなので、アニメ同様原作も楽しめるかというと中々そうはならないかもですが、いつか機会があればラノベの方にも手を出してみようかと思った今日この頃。
[ 2011/11/29 20:20 ] アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。