ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

時間という対価 

 RPGをはじめとした育成要素の強いゲームには、その対価として時間を捧げます。時間に追われその対価に疑問を生じるようになった人々は、代わりにお金を捧げることになります。それすら納得がいかない人は、内部データを弄り(いわゆるチート)、対価としてモラルや道徳を犠牲にしている・・・と本人が考えているかまでは分かりませんが、たぶん何かを犠牲にしていることでしょう。
 今では時間が最も尊い存在として扱われ、ゲームプレイヤーの中心だった面々が社会人となって使える時間が減るにつれ、RPGのような時間を犠牲にするゲームの勢いが1番なくなりつつある気もします。

 では自分はどうなのかと考えた時、やはり割ける時間は確実に減りました。まあ普通は減るものなので当たり前なんですけど、だからといって育成ゲームへの関心が薄れたかといえばそうでもありません。1番好きなものに1番時間を割く・・・だから自分は今も昔も育成ゲームが大好き。ただそれだけの話です。

 そもそも、趣味の世界で「時間が勿体ない」という発想が生まれることが1番不思議な気がするんですよね。趣味に時間を割かないなら、何をどうするのかという・・・趣味に全く触れられないという特殊な事情な人もいるでしょうけどそれはひとまず置いといて。むしろ、好きなものに限られた時間を捧げることで言葉に言い表しようがない幸福感を得られたりそうでもなかったりするわけで。

 結局はゲームというものが趣味ではなく「暇つぶし」だった人が大半という話だと思うんです。なので、暇がなくなればゲームをやることもなくなる。昔はゲームをやるのが当たり前で「趣味:ゲーム」とわざわざいう人はほとんどいなかった記憶がありますが、そんな幼少の頃から誰に対しても趣味はゲームと全力で主張してきた自分は、やっぱりゲームが大好きで、これからも時間を捧げ続けるだろうなと改めて思ったのでした。

[ 2011/11/29 07:22 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。